3つのスキャンモード(高精細、通常、ターボ)の比較

SOL PRO 3Dスキャナーの3つのスキャンモード

SOL PRO 3Dスキャナーには高精細、通常、ターボといった3つのスキャンモードがあります。それぞれで違いがあり、用途によって使い分けることでワークフローの効率化が可能です。ここでは3つのスキャンモードについてその違いをご紹介します。

3つのスキャンモード比較一覧表

SOL PRO 3Dスキャナーの3つのスキャンモードの比較一覧表です。

スキャン精度 回転数 スキャン時間
高精度 0.05mm 10回転 20分
通常 0.1mm 10回転 10分
ターボ 0.1mm 10回転 5分
※スキャン時間は目安です。使用するパソコンのスペックによって異なります。

高精度モード

SOL PRO 高精度モードはスキャン精度が0.05mmのスキャンモードです。より細かく精密にスキャンしたいときに使用します。高精度モードでは、キャリブレーションの後に高精度プロファイルを実施し、スキャンを行います。

通常モード

通常モードはスキャン精度が0.1mmのスキャンモードになります。通常モードはデフォルト設定のスキャンになります。

ターボモード

ターボモードはスキャン精度が0.1mmですが、ターンテーブルの回転スピードを速くしたモードで、より高速でスキャンするモードです。

3つのスキャンモードのスキャン比較

下記は3つのスキャンモードのスキャン比較です。寸法の誤差、テクスチャともに比較した数値になります。