SOL PROのターンテーブルの回転数とモードの違いについて

SOL PRO 3Dスキャナーのターンテーブルの役割

SOL PRO 3Dスキャナーはターンテーブルに対象物を置き、回転させながら対象物の形状をスキャニングを行います。またスキャンモードも高精細、通常、ターボとありますが、それぞれで回転数は変わるのでしょうか。

基本的に高精細、通常、ターボどのモードもターンテーブルの回転数は10回です。物体を10方向から、レーザーを当てて、形状とテクスチャを読み取り3Dデータ化を行います。

モードの違い

それでは高精細、通常、ターボの違いはどのようになるのでしょうか。回転数は同じですが各モードは以下のような違いがあります。

モード 回転数 回転スピード スキャン精度
高精細 10回転 遅い 0.05mm
通常 10回転 通常 0.1mm
ターボ 10回転 速い 0.1mm

高精細は10回転ですが、スキャン精度が0.05mmになり、かつ回転数も落としてじっくりとスキャニングします。通常モードとターボモードの違いは回転スピードのスピードの違いです。これにより、対象物のスキャンレベルが変わり、用途によって使い分けができます。