SOL PROの精度&カラー比較とは? 他社製品との実寸スキャン値を公開

SOL PROの性能とは?

SOL PRO 3Dスキャナーはデスクトップ型の3Dスキャナーとして、どの程度の性能があるのでしょうか?

またSOL PROは通常のスキャンモード以外に、高精細モードも搭載しており、50ミクロンの精度も実現可能です。そこで今回はSOL PRO 3Dスキャナーの通常モード、高精度モードの比較に加え、同型のデスクトップタイプの3Dスキャナーとの比較したデータをご紹介します

比較にあたっては実寸値の比較と、カラーでの見た目の比較2つをご紹介します。

SOL PROの精度比較

まず初めにSOL PROの精度比較ですが、以下の条件で行いました。サンプルにはなるべく精度検証がしやすい金属のパーツを使用しています。

比較対象

  • SOL PRO 通常モード:100ミクロン
  • SOL PRO 高精度モード:50ミクロン
  • 競合デスクトップ3Dスキャナー:100ミクロン

3Dスキャンの方法

今回の精度比較の3Dスキャンの方法はワンショットでのスキャンで、複数のスキャンデータのマージは行っていません。

検証ソフトと基準について

実際に使用するパーツの実寸値はデジタルノギスを使って計測を行いました。3Dスキャナーでスキャンしたデータは、3DソフトであるSpaceClaimFreeformでデータ計測を行いました。

競合精度比較の検証結果

今回使用した金属パーツはデジタルノギスで計測した数値が縦64.5mm×13.92mm×高さ10.57mmであった。SOL PRO高精度モード、SOL PRO通常モード、他社製品でスキャンしたデータをFreeformで計測したデータが以下の通りです。

SOL PRO高精度モード 

SOL PRO高精度モードで3Dスキャンしたデータはデジタルノギスで計測した実寸値と比較して縦で0.495mm、横で0.258mm、高さで0.399mmの差異がありました。

単位:mm

デジタルノギス

スキャン結果

実寸との差異

64.5

64.995

0.495

13.92

14.178

0.258

高さ

10.57

10.969

0.399

SOL PRO通常モード

SOL PRO通常モードで3Dスキャンしたデータはデジタルノギスで計測した実寸値と比較して縦で-0.194mm、横で0.644mm、高さで0.693mmの差異がありました。

単位:mm

デジタルノギス

スキャン結果

実寸との差異

64.5

64.306

-0.194

13.92

14.564

0.644

高さ

10.57

11.263

0.693

競合他社

競合他社の3Dスキャナーは同型のデスクトップタイプです。3Dスキャンしたデータはデジタルノギスで計測した実寸値と比較して縦2.139mm、横0.991mm、高さ1.996mmの差異がありました。

単位:mm

デジタルノギス

スキャン結果

実寸との差異

64.5

66.639

2.139

13.92

14.911

0.991

高さ

10.57

12.566

1.996

3DデータのSpaceClaimFreeformでの比較データ

次に3Dスキャンしたデータが、開く3Dソフトでどの程度データが異なるのかを検証した結果をご紹介します。使用するデータは高精度スキャンで計測したデータを使用します。

縦データ比較

縦の比較データでは、デジタルノギスで計測した実寸値64.50mmに比べて、SpaceClaimで開くと64.715mmで、その差異はわずか0.215mmでした。一方Freeform64.995mmでその差異は0.495mmでした。

単位:mm

デジタルノギス

スキャン結果

実寸との差異

SpaceClaim

64.5

64.715

0.215

Freeform

64.5

64.995

0.495

横データ比較

横の比較データでは、デジタルノギスで計測した実寸値13.92mmに比べて、SpaceClaimで開くと13.725mmで、その差異はわずか0.195mmでした。一方Freeformでは14.178mmでその差異は0.258mmでした。

単位:mm

デジタルノギス

スキャン結果

実寸との差異

SpaceClaim

13.92

13.725

0.195

Freeform

13.92

14.178

0.258

高さデータ比較

高さの比較データでは、デジタルノギスで計測した実寸値10.57mmに比べて、SpaceClaimで開くと10.550mmで、その差異はわずか-0.02mmでした。一方Freeformでは10.969mmでその差異は0.399mmでした。

単位:mm

デジタルノギス

スキャン結果

実寸との差異

SpaceClaim

10.57

10.550

-0.02

Freeform

10.57

10.969

0.399

精度比較のまとめ

今回SOL PROの高精度モード(50ミクロン)、通常モード(100ミクロン)、他社製品(100ミクロン)の3つのスキャンを同サンプル、同条件のもとデータをとり比較検証を行いましたが、SOL PROの高精度モードが最も精度が高く、デジタルノギスの実寸値と比べた場合にも、値段の割には高い精度を誇っていました。またSpaceClaimで開いた場合には、約0.10.2mm程度の誤差しか見られず、高い正確性が見えました。

カラー3Dスキャンの比較

さて次にご紹介するのがカラー3Dスキャンの比較です。SOL PRO 3Dスキャナーはデスクトップのフルカラー3Dスキャナーですが、カラーテクスチャのキャプチャの良さが特長の一つです。

比較対象

  • SOL PRO 通常モード:100ミクロン
  • 競合デスクトップ3Dスキャナー:高精度モード

3Dスキャンの方法

今回のカラー比較の3Dスキャンの方法もワンショットでのスキャンで、複数のスキャンデータのマージは行っていません。

競合カラー比較の検証結果

カラー比較用の検証ポイントは以下の3点です。全体のカラー、詳細のディティール、暗い影になる部分です。そのため、対象サンプルにはなるべくカラフルで、ディティールや影になる箇所が多いインテリア雑貨を使用しました。

全体比較 

SOL PRO通常モードで3Dスキャンしたデータは競合のHigh Poly meshモードと比べて全体的に明るくスキャンができました。

ディティール比較

細かいディティール部分を比べた場合もSOL PRO通常モードではより実物に近くスキャンされています。

暗い部分の比較

暗い影になる部分もSOL PRO3Dスキャナーはよりはっきりとスキャンができます。今回は通常モードですが、暗めの対象物はダークモードを使用してスキャニングもできます。

カラー3Dスキャンの比較

SOL PRO 3Dスキャナーの通常モードでは、明るさやオブジェクトのディティールなどもより詳細にスキャンすることができます。またオブジェクトの大きさに応じて近距離モードと遠距離モードの2つのスキャンモードを使い分けることが可能で、より対象物の大きさにあったスキャニングが可能です。