SOL PRO 3DスキャナーのPCの必要スペック

3Dスキャナーに使用するパソコンの特長

3Dスキャナーは、パソコンに接続してソフトウェアを起動してスキャニングを行います。そのため、使用するパソコンのスペックも決められていることが多く、何点か注意すべき特長などがあります。

特にパソコンのスペックが足りない場合、3Dスキャナー自体が起動できない可能性もあるので、注意しましょう。

SOL PRO の推奨スペック

対応OS Windows 10/11 64ビット(x64)
グラフィックカード 2GB以上のメモリ、OpenGL 3.3以上をサポート
(OpenCL 1.2以上のサポートが推奨)
推奨ハードウェア 2.4GHz processor, 8コア(16 logical processors), 32GB RAM, 100GB free disk space (system drive)
電源入力 USB3.0(最大 800 mA)×1
インターネット接続 セットアップ時、ソフトウェアやアップデートのダウンロード時に必要

グラフィックカード

3Dモデルを取り扱うソフトではグラフィックカードのスペックが一定以上が必要になります。グラフィックカードはパソコンのディスプレイに画像や映像を映すための部品になり、3Dモデルを画面上で操作したり、見たりするのに必要な部分です。グラフィックカードが要求スペックに満たない場合、スキャンソフトが起動しないケースや、動きが遅い場合があります。

CPUメモリ

CPUのメモリも推奨以上のものがおすすめです。CPUはパソコンの処理装置のことで、データの処理などパソコンを動かす際の核になる部分です。CPUが高いとデータの処理スピードが上がります。3DスキャナーではCPUのスペックも要求が決められており、推奨に満たない場合には、動作が遅くなったり、ソフトが操作できない場合があります。またCPUによっては、スキャンソフト以外を使用するとパソコンやスキャンスピードが遅くなり可能性があります。

USB3.0

SOL PRO 3Dスキャナーでは、USB3.0接続が必要です。SOL PRO 3Dスキャナーの特長の一つが電源供給をパソコンから行うという仕様になっており、USB3.0接続が必要になります。そのため使用するパソコンのUSB接続を確認しましょう。USB3.0以外であれば変換ケーブルを使用すれば接続が可能です。

グラフィックカード

3Dモデルを取り扱うソフトではグラフィックカードのスペックが一定以上が必要になります。グラフィックカードはパソコンのディスプレイに画像や映像を映すための部品になり、3Dモデルを画面上で操作したり、見たりするのに必要な部分です。グラフィックカードが要求スペックに満たない場合、スキャンソフトが起動しないケースや、動きが遅い場合があります。


CPUメモリ

CPUのメモリも推奨以上のものがおすすめです。CPUはパソコンの処理装置のことで、データの処理などパソコンを動かす際の核になる部分です。CPUが高いとデータの処理スピードが上がります。3DスキャナーではCPUのスペックも要求が決められており、推奨に満たない場合には、動作が遅くなったり、ソフトが操作できない場合があります。またCPUによっては、スキャンソフト以外を使用するとパソコンやスキャンスピードが遅くなり可能性があります。


USB3.0

SOL PRO 3Dスキャナーでは、USB3.0接続が必要です。SOL PRO 3Dスキャナーの特長の一つが電源供給をパソコンから行うという仕様になっており、USB3.0接続が必要になります。そのため使用するパソコンのUSB接続を確認しましょう。USB3.0以外であれば変換ケーブルを使用すれば接続が可能です。