• トップ
  • ニュース
  • 初心者や子供でも簡単、スマホで動くウェアラブル電子工作キットSAM

初心者や子供でも簡単、スマホで動くウェアラブル電子工作キットSAM

高まるハードとソフト両方の知識

モノづくりに大きな影響を与えるデジタル化の波。このデジタル化を引き起こす波は3Dプリンターだけではない。もう一つの引き金ともなっている技術が無線と、それをつなぐArduinoやラズベリーパイといった基板プラットフォームだ。

この技術がハードウェアとソフトウェアの連動、すなわち「モノのインターネット化」という動きを促進している。まさにこれからの電子工作、電気を使った製品開発では必須の技術と言えるだろう。

ただ、こうした技術を使いこなすためには、電子回路を設計し、電子部品を接合するハードウェアの知識と、モノを動かすプログラミングなどのソフトウェアの知識、両方に精通していることが必要だ。電子回路やはんだ付けができて電子工作をやったことがある人はいるであろうが、同時にプログラミングにも精通する人は少ない。

また、スマホで動かせるような電子工作を作ってみたいと思っても、プログラミングの知識が無くて手が出せないでいる人も多いだろう。本日はそんな「モノのIT化」の電子工作を誰でも簡単に楽しめる電子工作キットSAMをご紹介。

sam

子供も初心者も楽しめる電子工作とプログラミングキット

本日ご紹介する電子工作キットSAMは、プログラミングの知識やコーティングなどのソフトウェアの技術がなくても、また電子回路やはんだ付けの経験が無くても、誰でも簡単にハードとソフトの連携した電子工作を作ることができるキットだ。

この電子工作キットはさまざまなモジュールを組み合わせ、同時にSAM専用のアプリケーションを使うことで、簡単にモノを動かすプログラムをコーティングできる。

組み立てたキットは、スマホやタブレットの専用アプリで自由に動かすことができるのだ。電子工作やプログラミングに不慣れな初心者でも、これから電子工作を学びたい子供でも、誰でも簡単にプログラミングと電子工作を楽しみながら学習することができる。下記はSAMの紹介動画。現在キックスターターで資金調達の真っ最中だが、既に目標金額の5万ポンドを軽く上回る資金を調達している。

SAM誰でも楽しみながら電子工作とプログラミングが習得できる

スマホやタブレットで動かせる電子工作が簡単にできる

sam-1

プログラミングもコーティング不要で仕組みが学べる

sam-2

さまざまなモジュールを組み合わせてウェアラブルが作れる

sam-3

SAMでできること

  • スマホやタブレットで動かせるウェアラブル端末が簡単に作れる。例えば、ラジコン、ドアベル、アラーム、スライドドア、などなど
  • わかりやすいアプリケーション。アイコンをドラッグ&ドロップするだけで自動で生成
  • 電子工学、センサー技術、無線技術の学習や習得に最適

このSAMは子供や初心者向けのキットがベースとなっているが、追加のモジュールを組み合わせることで、より複雑なウェアラブルを作ることができる。製品開発をしたい起業家や発明家にとっても使いやすい電子工作キットになるのだ。

子供や初心者の入門キットでは、専用アプリを使うことで、わずか数分でプログラミングできて「IT化されたモノ」が組み立てられる。また、プロ用の追加モジュールには、近接センサー、圧力センサー、ファン、振動モータ、ブザー、回転ポッドなど豊富な種類がそろっており、かなり複雑なものも作れる。

お試しキット:モジュール×3とSAMアプリ 動作確認や仕組みをためせるキット

sam-4

入門モデル:モジュール×4とSAMアプリ 子供や初心者が数分で動くモノを作れるキット

sam-5

メイクモデル:モジュール×8とSAMアプリ より複雑なモノが作れるキット

sam-6

プロモデル:モジュール×11とSAMアプリ、SAMクラウド 発明の初歩に役立つキット

sam-7

すべてのモジュールは、低エネルギーBluetoothを使用して通信可能で、USBで充電できる

sam-8

まとめ

最近は、誰もが楽しめて遊びながら学べる新たな電子工作が登場している。プラグをつなぐだけでバナナや人間が楽器になってしまう電子工作キットMakey Makeyや、お絵かき感覚で電子回路が引ける導電性インクペンなど、誰でも気軽に電子工作が楽しめる。

こうした動きは電子工作の概念を変えるだけではなく、ハードとソフトを使った製品開発を促進することにつながっていく。さらには、本日ご紹介したSAMのように、スマホやタブレットでコントロールできる電子工作キットの登場は、より多くの人々や子供たちを製品開発、モノづくりの分野に導いてくれるきっかけともなる。

そこには製品開発というような硬い表現ではなく、もっと自由に発想を伸ばし、楽しみながらアイデアをカタチになるといった感動が見て取れる。モノづくりに押し寄せるデジタル化の波は、これまで眠っていた人間のアイデアを世に送り出す大きなきっかけになるだろう。

電子機器の性能を決める、はんだの重要性についてはこちらをどうぞ

オンラインストア