画像から驚くほど簡単に3Dデータを作成できるソフトSmoothie-3d

3Dデザインソフトの簡素化が進む

3Dデザインソフトの操作を簡素化する開発がかなり進んでいるようだ。もともと3Dデザインソフトや3Dモデリングソフトは、一部のエンジニアや、建築デザイナーなどの物であったが、3Dプリンターが民主化するとともに、当然民主化されるべき運命にある。各社から昨年以降さまざまなアプリケーションソフトウェアがリリースされており、誰でも使える簡単さになりつつある。

今回ご紹介する3DデザインソフトSmoothie-3Dもそのうちの一つ。新たに登場した3Dデザインソフトだが、写真や画像を使って驚くほど簡単に、直観的な操作で3Dモデルを作成することが可能だ。しかもこのSmoothie-3Dはオンライン上から無料で誰でも入手することができる。3Dデータの扱いや3Dモデリングなどのエントリーソフトとしては最適な機能性だ。本日は驚くほど簡単に三次元モデルを作れるソフトSmoothie-3Dをご紹介。

画像から直観的に3Dデータ化

このSmoothie-3Dの凄さを述べるよりも、下記の動画をみていただいた方が一目瞭然だ。写真の輪郭をそのままポインターでなぞり、ボタン一つで三次元に変更することができる。また、このソフトはありとあらゆる二次元画像を三次元に変換することが可能だ。下記の動画では、リスの二次元写真が三次元の立体モデルまで変化される様が映し出されている。

これならば、複雑な操作や物性のことを気にしないで、直観的にまるでイラストレーターの切り抜き作業のような感じで作業ができる。更には、写真の背景画像をテクスチャーとして使用することができるため、実際の写真と同様の質感を3Dデータに与えることができる。もちろん3D化したデータは3Dプリンターで出力可能で、STLファイルにエクスポート可能だ。

Smoothie-3Dソフト動画

画像から3Dモデル化するソフト

ポインターで選択し3Dデータ化

画像から3Dモデル化するソフト

驚くほど簡単に三次元化できる

画像から3Dモデル化するソフト

あらゆる二次元画像に対応

Smoothie-3Dソフトスペック

  • 全ての二次元画像を直観的に3Dモデル化
  • 背景画像をテクスチャーとして利用可能
  • STL、OBJファイルのインポート機能
  • STL、OBJ、VRMLにエクスポート可能
  • Shapewaysや、Thingiverse、i.materialiseに送信可能
  • 対称管理機能
  • ストロークからのモデリング
  • 滑らかな形状のデザインが可能
  • 簡単に任意のモデルを作成できる
  • 表面仕上げを細分化し、滑らかにする機能を持つ

まとめ 3Dソフトの民主化は何をもたらすか

この驚くほど簡単に3Dプリント可能な3Dモデルを作成することができるソフトSmoothie-3Dは全ての機能を無料でダウンロードできる。まさにソフトウェアアプリケーションの世界でいうフリーの概念をカタチにしたようなソフトウェアだ。こうしたフリーの概念に基盤を置くソフトウェアやそれに関する分野は、必然的な動きとして、民主化の方向に向かう。誰でも無料で、誰も簡単に利用できるソフトウェアという概念だ。

この動きはとどまるところを知らず、3Dデザインや3Dモデリングの簡素化、効率化は、ますます盛んになりそうだ。このように、これまである特定技術とされていた3Dデザインや3Dモデリングが誰でも扱えるようになったとすれば、どのようなことが起きるのだろうか。

まず第一には、ある程度のクオリティを保った、同じレベルの製品が世の中にますます蔓延するだろう。誰でも物体化するための手段を利用できるわけだからこれは自明の理と言える。見栄えが整った他人が作ったものを簡単に真似することができるわけだから、ちょっと変えたもの、似たようなものが更に増えるだろう。

今の時代、100円ショップに行けば手に入らない物はない時代なのに、世の中にただでさえモノが有り余っている状況なのに、さらにゴミのような同類の製品が蔓延するわけだ。

その一方で、優れたアイデアを持ち、製品開発に参入しようという多くの起業家、開発者に恩恵をもたらす効果を持つ。製品コンセプトからデザインし、それを試作品を作るための3Dデータ化の作業が簡単にできればコストも減るし、時間も短縮することが可能になる。

こうしたことを考えると、より重要なのは人が欲しい製品を開発するためのアイデアや発想、そしてそれをカタチにするためのデザインとコンセプトメイキングが最も大きな役割を果たす。ここで言うデザインとは、時代性、すなわち人の意識や感覚をくみ取って、そこに製品の形状をアジャストし、感覚的に訴えかける高度な作業ともいうことができる。テクノロジーが簡素化されればされるほど、こうしたより根本的な能力が重要性を増してくる時代になるだろう。

2015.1.22 投稿者:i-maker

タグ

お得なサービス

TEL 042-266-2693


FAX 042-444-1219


imaker.news@gmail.com

営業時間:10:00〜17:00

定休日:土・日・祝日

オンラインストア