3Dプリンターで作れるものと選び方

3Dプリンターではさまざまなものを作ることができます。ここでは3Dプリンターを作れるもので選ぶという切り口で、各対象物別に選ぶ際のポイントなどをご紹介します。なるべくわかりやすいように系統別に分けました。

3Dプリンターで作れるもの一覧表

3Dプリンターで作れるものは多岐にわたっており、それぞれの対象物によって、最適な3Dプリンターや機種が異なっています。またそれに応じた後加工なども対象物で異なっています。

フィギュア・模型系

ファッション系

部品、パーツ系

型系

便利小物系

文化財・レプリカ系

自動車パーツ関連

ドローン・ロボット系

歯科系

その他

3Dプリンターで作れるもの一覧 フィギュア・模型系

3Dプリンターで作れるものの中で代表的なもののひとつがフィギュアや模型系です。フィギュアや模型を3Dプリンターで作ればオリジナルな形が作れます。パーツで分けて塗装を施すにもむいています。

フィギュア


光造形

滑らかで高精細・研磨&塗装がしやすい。コストパフォーマンスがよい

フィギュア(フルカラー)


インクジェット

フルカラーができる

プラモデル


光造形

滑らかで高精細・研磨&塗装がしやすい。コストパフォーマンスがよい

鉄道模型・Nゲージ


光造形

滑らかで高精細・研磨&塗装がしやすい。コストパフォーマンスがよい

自動車模型・ミニカー


光造形・インクジェット

滑らかで高精細・研磨&塗装がしやすい。コストパフォーマンスがよい

ジオラマ


光造形・インクジェット

滑らかで高精細・研磨&塗装がしやすい。コストパフォーマンスがよい

ミニチュア


光造形・インクジェット

滑らかで高精細・研磨&塗装がしやすい。コストパフォーマンスがよい

建築模型


光造形・インクジェット

滑らかで高精細・研磨&塗装がしやすい。コストパフォーマンスがよい

フィギュア

フィギュアは3Dプリンターが最も活用されている分野の一つです。塗装前のモデルを3Dプリンターでダイレクトに作り、研磨と塗装によって最終仕上げまで行われています。光造形3Dプリンターとスタンダードなアクリル材料が推奨です。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:グレイレジン、ホワイトレジン、高精細レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。研磨と塗装の相性がよい

フィギュア(フルカラー)

フルカラーフィギュアではフルカラー造形ができる3Dプリンターが活用されています。インクジェットでCMYKを配合することでデータから一体成形が可能です。1000万色の大佐なカラー表現で3Dデータから直接3Dプリントができます。

推奨3Dプリンター:インクジェット3Dプリンター
推奨材料:CMYKW、クリアなどのフルカラー
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。1000万色以上の表現力

プラモデル

プラモデルのパーツも3Dプリンターで作ることができます。プラモデルパーツも高精細で滑らかな造形ができ、造形後に研磨&塗装が施しやすい光造形3Dプリンターとアクリルベースのスタンダード系材料がお勧めです。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:グレイレジン、ホワイトレジン、高精細レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。研磨と塗装の相性がよい

鉄道模型・Nゲージ

鉄道模型やNゲージのパーツも微細な表現が求められるため、高精細で滑らかな造形ができ、造形後に研磨&塗装が施しやすい光造形3Dプリンターとアクリルベースの材料がお勧めです。場合によっては強度がある材料も推奨です。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:グレイレジン、ホワイトレジン、高精細レジン、高強度レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。研磨と塗装の相性がよい

自動車模型・ミニカー

自動車模型やミニカーなども3Dプリンターで作ることができます。自動車模型やミニカーも高精細で滑らかな造形ができるという点や、造形後の研磨塗装などから光造形、インクジェット方式が推奨です。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:グレイレジン、ホワイトレジン、高精細レジン、高強度レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。研磨と塗装の相性がよい
推奨3Dプリンター:インクジェット3Dプリンター
推奨材料:CMYKW、クリアなどのフルカラー
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。1000万色以上の表現力

ジオラマ

ジオラマはドローンなどで地形や建物を3Dスキャンし、その後3Dプリントする形で利用が進んでいます。こちらも光造形やインクジェット方式がお勧めです。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:グレイレジン、ホワイトレジン、高精細レジン、高強度レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。研磨と塗装の相性がよい
推奨3Dプリンター:インクジェット3Dプリンター
推奨材料:CMYKW、クリアなどのフルカラー
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。1000万色以上の表現力

ミニチュア

ミニチュアは実際の対象物を3Dスキャンし、祝勝して3Dプリントします。光造形やフルカラーインクジェットで再現されています。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:グレイレジン、ホワイトレジン、高精細レジン、高強度レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。研磨と塗装の相性がよい
推奨3Dプリンター:インクジェット3Dプリンター
推奨材料:CMYKW、クリアなどのフルカラー
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。1000万色以上の表現力

建築模型

建築模型はパースなどで作られていましたが、光造形3Dプリンターやフルカラーインクジェットで作られるケースが増えています。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:グレイレジン、ホワイトレジン、高精細レジン、高強度レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。研磨と塗装の相性がよい
推奨3Dプリンター:インクジェット3Dプリンター
推奨材料:CMYKW、クリアなどのフルカラー
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。1000万色以上の表現力

光造形方式の3Dプリンターがおすすめの理由

フィギュアや模型、ミニチュア、ジオラマなどには光造形3Dプリンターが最もお勧めです。その最大の理由が①コストパフォーマンス、②高精細で滑らかな造形、③塗装や研磨です。特にコスト的にも後加工と組み合わせた方が最適です。

PolyJet方式の3Dプリンターがおすすめの理由

自分のフィギュアなど、フルカラーで一体造形が求められる3DプリンターではPolyJet方式のフルカラー3Dプリンターが最適です。

3Dプリンターで作れるもの一覧:ファッション系

3Dプリンターで作れるものとして利用が進んでいるのがファッションの領域です。ファッションでの利用は非常に幅広く、服だけではなく靴やネイル、指輪、アクセサリーなど多くのもので利用が盛んです。ファッションでは対処物ごとで最適な造形方式が異なっています。


インクジェット(PolyJet)

服に求められるフルカラーや微細表現ができる。

靴・シューズ


光造形

ソール部分の弾力性を再現

指輪


光造形

指輪をロストワックス鋳造するためのワックスモデルが造形できる。

アクセサリー


光造形

滑らかさや高精細さを表現しコストパフォーマンスに優れるため

ネイル


光造形

透明の造形ができる。研磨と塗装と相性がよい。

時計


レーザー焼結・光造形

最終品に求めあれる強度・寸法精度が再現できる。

眼鏡


レーザー焼結

最終品に求めあれる強度・寸法精度が再現できる。

服では布生地ではなくインクジェット方式で作られる事例があります。ファッションショーなど、オートクチュールなど、布では表現できない造形性が高いものを3Dプリンターで作る取り組みが登場しています。

推奨3Dプリンター:インクジェット3Dプリンター(PolyJet)
推奨材料:CMYKW、クリアなどのフルカラー
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。1000万色以上の表現力

靴・シューズ

靴やシューズではミッドソールの部分などが3Dプリントされる事例が登場しています。試作だけではなく最終品を高性能な光造形3Dプリンターでつくるダイレクト製造が始まっています。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:ゴム系レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。高靭性&弾性。高い引き裂き強度

指輪

指輪では、指輪を鋳造する前のワックスモデルやシリコン型を作る前のマスターモデルを作るのに光造形3Dプリンターが使用されています。ワックスレジンでは微細な表現だけではなく鋳造工程を効率化します。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:キャスタブル系レジン、高精細レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。鋳造用レジン

アクセサリー

アクセサリーは高精細で滑らかな造形ができる光造形3Dプリンターが推奨です。3Dプリント後に研磨や塗装を施すことのにも適しており、アクセサリに求められる多彩な表現に最適です。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:高精細レジン、高強度レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。

ネイル

ネイルは高精細な光造形3Dプリンターで3Dプリントし研磨や塗装を施すことで作られています。ネイルに求められる透明性や微細な表現では、クリアの透明な材料が使えるのも光造形ならではです。

推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:高精細レジン、クリア(透明)レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。透明性、後加工性。

時計

時計はボディそのものをレーザー焼結3Dプリンターで作る場合と、時計のボディをワックスレジンで鋳造する場合があります。レーザー焼結はサポート材が付かず高強度な造形ができるためです。

推奨3Dプリンター:レーザー焼結3Dプリンター
推奨材料:ナイロン、金属
推奨理由:高強度かつ高精度、サポート材がつかない。
推奨3Dプリンター:光造形3Dプリンター
推奨材料:キャスタブル系レジン、高精細レジン
推奨理由:高精細で滑らかな造形ができる。鋳造用レジン。

眼鏡

眼鏡は眼鏡フレームをレーザー焼結方式の3Dプリンターで製造する事例があります。レーザー焼結方式の高精度と高強度によってダイレクト製造が広がっています。

推奨3Dプリンター:レーザー焼結3Dプリンター
推奨材料:ナイロン、金属
推奨理由:高強度かつ高精度、サポート材がつかない。

光造形方式の3Dプリンターがおすすめの理由

ファッション系で光造形3Dプリンターがお勧めの場合、作る対象物によって異なっています。靴やシューズなどのソール部分には、ポリウレタン素材が使用できるためや、アクセサリ類では鋳造するためのワックスモデルを直接3Dプリントできます。

PolyJet3Dプリンターがおすすめの理由

PolyJet3Dプリンターは、ファッション、特に服の3Dプリントで利用が行われています。フルカラー造形でパリコレなどのオートクチュールなどに使用されています。また直接布などに3Dプリントできる機種も登場しています。

レーザー焼結3Dプリンターがおすすめの理由

眼鏡や時計では高強度で高精度なレーザー焼結3Dプリンターが最適です。レーザー焼結は高強度ナイロンでかつサポート材をつけずに3Dプリントすることができるため、最終品の製造にも使用されます。

3Dプリンターで作れるもの一覧:部品・パーツ系

箱・ケース


FDM・光造形・レーザー焼結

いろいろな造形方式に対応しています。

部品・パーツ


FDM・光造形・レーザー焼結

FDMではABSやPC、ナイロン、光造形では高強度材、レーザー焼結法はナイロンの高強度材料が使える

ジョイント


FDM・光造形・レーザー焼結

FDMではABSやPC、ナイロン、光造形では高強度材、レーザー焼結法はナイロンの高強度材料が使える

ねじ


FDM・光造形・レーザー焼結

FDMではABSやPC、ナイロン、光造形では高強度材、レーザー焼結法はナイロンの高強度材料が使える

ギア・歯車


FDM・光造形・レーザー焼結

FDMではABSやPC、ナイロン、光造形では高強度材、レーザー焼結法はナイロンの高強度材料が使える

エンクロージャ・筐体


FDM・光造形・レーザー焼結法

FDMではABSやPC、ナイロン、光造形では高強度材、レーザー焼結法はナイロンの高強度材料が使える

スナップフィット


FDM・光造形・レーザー焼結法

FDMではPPなど、光造形ではPPライクなど高強度系レジン、レーザー焼結はナイロンが対応。

治工具


FDM・光造形・レーザー焼結法

FDMではABSやPC、ナイロン、光造形では高強度材、レーザー焼結法はナイロンの高強度材料が使える

箱・ケース

箱やケースは小さいものや特殊な形状なものは3Dプリンターで作るのに適しています。FDM方式ではABSやポリカーボネート、ナイロンといった高強度材が、光造形でも高強度レジン、レーザー焼結ではナイロンなどがおすすめ材料です。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF3Dプリンター,レーザー焼結、光造形
推奨材料:ABS、ナイロン、高強度材料など
推奨理由:一定の強度が求められる

部品・パーツ

部品やパーツは一定の強度や精度が求められます。FDM、光造形ではハイエンド機と高強度材料がおすすめです。またレーザー焼結では高強度ナイロンが3Dプリントに適しています。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF3Dプリンター,レーザー焼結、光造形
推奨材料:ABS、PC、PP、ナイロン、高強度レジンなど
推奨理由:一定の強度が求められる

ジョイント

パーツを組み合わせるジョイントはFDM、光造形、レーザー焼結どれでも対応していますが、引張強度やナイロンやPPのような靭性がある高強度材料がおすすめです。レーザー焼結3Dプリンターを使用すれば一体での成形も可能です。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF3Dプリンター,レーザー焼結、光造形
推奨材料:PP、ナイロン、高強度レジンなど
推奨理由:繰り返しの摩耗などに耐えられる

ねじ

ねじは使用中の摩耗などがあることから耐摩耗性が高い材料、ナイロン系やカーボンファイバー配合材料などがおすすめです。こちらも高強度材が使用できるFDM、光造形、レーザー焼結各方式の3Dプリンターで作ることができます。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF3Dプリンター,レーザー焼結、光造形
推奨材料:PP、ナイロン、高強度レジンなど
推奨理由:繰り返しの摩耗などに耐えられる

ギア・歯車

ギアや歯車もパーツとして3Dプリント可能です。ギアも組み合わせて使用するため耐摩耗性や靭性、強度に優れる材料がおすすめです。ハイエンドなFDM、光造形、レーザー焼結3Dプリンターが推奨です。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF3Dプリンター,レーザー焼結、光造形
推奨材料:PP、ナイロン、高強度レジンなど
推奨理由:繰り返しの摩耗などに耐えられる

エンクロージャ・筐体

エンクロージャや筐体は内部の構造物を保護する機能から、耐衝撃性が求められます。ABSやポリカーボネート、ナイロン、カーボンファイバー配合ナイロンなど耐衝撃性に優れる高強度材がおすすめです。こちらもハイエンドなFDM、光造形、レーザー焼結が推奨です。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF3Dプリンター,レーザー焼結、光造形
推奨材料:ABSやポリカーボネート、ナイロン、カーボンファイバー配合ナイロン、高強度レジンなど
推奨理由:耐衝撃性などが必要

スナップフィット

スナップフィットは材料の靭性や弾性を利用してはめパーツで、込む繰り返し接着などをせずに結合できるパーツのことです。靭性や弾性などが求められる材料が推奨です。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF3Dプリンター,レーザー焼結、光造形
推奨材料:PP、ナイロン、PPライクレジンなど
推奨理由:弾性や靭性が求められる。

部品・パーツ系でおすすめの光造形3Dプリンター

部品・パーツ系でおすすめの光造形3Dプリンターは、高強度でかつ一定の精度が出せるハイエンド機種がおすすめです。また光造形3Dプリンターの材料の中でも耐候性にすぐれ、紫外線でも劣化せず、かつ機械的強度を保った機種がおすすめです。

部品・パーツ系でおすすめのFDM3Dプリンター

部品・パーツ系ではABSやナイロンなどが使用できるFDM 3Dプリンターもおすすめです。またカーボンファイバー配合ナイロンなど繊維強化フィラメントなどのエンプラ系の3Dプリンターや庫内温度の加熱機能を搭載した機種が推奨になります。

部品・パーツ系でおすすめのレーザー焼結3Dプリンター

レーザー焼結3Dプリンターはナイロンの高強度材料が使用できます。また生産性が他の造形方式よりも高く、材料コストも安価なため、小ロット量産に最適です。

3Dプリンターで作れるもの一覧:型系

樹脂金型


PolyJet・光造形

型に耐えうる高強度・高耐熱、かつ熱可塑性樹脂ではない樹脂が使えるため

シリコン型のマスターモデル


光造形

光造形でマスターモデルを作り成形

真空成形型のマスターモデル


光造形

光造形でマスターモデルを作り成形

クッキー型


FDM

PLAが使用されているが、厳密には難しい。

樹脂金型

樹脂金型の3Dプリントには、UV硬化レジンであることに加え高耐熱、高強度の材料が推奨です。UVレジンで型を作れば、熱可塑性樹脂はくっつかずに成形が可能です。樹脂金型には光造形やPolyJet方式の3Dプリンターと高耐熱材料がおすすめです。

推奨3Dプリンター:光造形。インクジェット方式
推奨材料:UV硬化性樹脂・レジンで高耐熱なもの
推奨理由:射出成形などに耐えられる熱と型に求められる滑らかさ

シリコン型のマスターモデル

シリコン型のマスターモデルには高精細で滑らかな造形ができ、積層跡が目立ちにくい光造形3Dプリンターがおすすめです。光造形の中でもディティールが細かく出る高精細系のレジンがおすすめです。

推奨3Dプリンター:光造形
推奨材料:高精細レジン
推奨理由:滑らかで高精細な仕上がりができる

真空成形のマスターモデル

真空成形のマスターモデルも高精細で滑らかな造形ができ、積層跡が目立ちにくい光造形3Dプリンターがおすすめです。高精細レジンでかつ積層ピッチが25ミクロンや50ミクロンと細かいと綺麗に成形が可能です。

推奨3Dプリンター:光造形
推奨材料:高精細レジン
推奨理由:滑らかで高精細な仕上がりができる

クッキー型

クッキー型は3Dプリンターで作る場合植物由来のPLAなどが使用されるケースがあります(ただ食品対応ではないので自己判断になります)。PLA自体がコーンなどの植物から生成されていますが、食品衛生法などに対応しているわけではなく、熱にも弱いので趣味として使用がおすすめです。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF方式
推奨材料:PLA?(1回限りなら)
推奨理由:植物由来原料 ※ただし食品対応ではない

型系で光造形3Dプリンターがおすすめの理由

型系では光造形3Dプリンターが活躍します。高耐熱材料を使用すれば樹脂金型を直接作ることができます。またシリコン型や真空成形型のマスターモデルの3Dプリントにも最適です。光造形の継ぎ目が目立たない高精細さと低コストの材料で型を作ればモノづくりのソリューションが大きく広がります。

型系でFDM3Dプリンターがおすすめの理由

型系でFDM方式が作れるものはクッキー型のみです。ただし、すでに記載した通りクッキー型などに植物由来のPLAフィラメントが使用されるケースが多いですが、食品対応ではないことや、PLAが熱に弱く、高温で殺菌できないことから自己判断になります。1回限りの使い捨てを自己判断で使用するのであればおすすめです。

型系でPolyJet 3Dプリンターがおすすめの理由

PolyJet 3Dプリンターでは、高強度なデジタルABSという材料があり樹脂金型を作る材料として使用できます。PolyJetもデジタルABSも高額なため、小ロット量産として使用するのがおススメです。

3Dプリンターで作れるもの一覧:便利小物・DIY系

小物類


光造形・FDM

コストパフォーマンス・使いやすい

ハンコ・スタンプ


光造形・FDM

ゴム素材が使用できる

おもちゃ


光造形・FDM

コストパフォーマンス・使いやすい

スマホケース


光造形・FDM

コストパフォーマンス・使いやすい

3Dプリンターで作れるもの一覧:便利小物・DIY系

小物類

3Dプリンターではさまざまな便利小物を作ることができます。デスクトップの光造形やFDMでフリーの3Dデータなどを使っても利用できます。小物系はDIYとして自分で楽しんで使用するのがおすすめです。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF、光造形
推奨材料:PLA、スタンダードレジン
推奨理由:手軽に利用できる。

ハンコ・スタンプ

ハンコやスタンプはゴム素材が使える光造形3Dプリンターがお勧めです。こちらもDIYなどの感覚でオリジナルはハンコやスタンプを手軽に作ることができます。

推奨3Dプリンター:光造形
推奨材料:ゴムライクレジン
推奨理由:ハンコなどに使用できる柔軟性

おもちゃ

オリジナルなおもちゃやミニカーなどもデスクトップの光造形やFDMでフリーの3Dデータなどを使っても利用できます。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF方式、光造形方式
推奨材料:PLA、スタンダードレジンなど
推奨理由:手軽に利用できる

スマホケース

スマホケースはデスクトップの光造形やFDMでフリーの3Dデータなどを使っても利用できます。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF方式、光造形方式
推奨材料:TPU、ゴムライクレジンなど
推奨理由:手軽に利用できる

便利小物・DIY型系で
光造形3Dプリンターが
おすすめの理由

光造形3Dプリンターでは高精細、滑らかな造形ができる点や、素材の種類が多い点などを活かして小物系などを作るのに最適です。

便利小物・DIY型系でFDM3Dプリンターが
おすすめの理由

FDM3Dプリンターも造形が安定しているPLAフィラメントを使えば便利小物などが作ることが可能です。ABSやTPU(ゴム)のフィラメントに対応している3Dプリンターでは、大きくない造形物であれば造形が可能です。

3Dプリンターで作れるもの一覧:文化財・レプリカ系

土器


光造形・インクジェット

滑らかで高精細な造形ができ、研磨&塗装がしやすい。フルカラー造形が可能

仏像


光造形

滑らかで高精細な造形ができ、研磨&塗装がしやすい。

土器

土器などの実際に触れない文化財は再現性から光造形3Dプリンターやフルカラーのインクジェット3Dプリンターがお勧めです。

推奨3Dプリンター:光造形、インクジェット方式
推奨材料:高精細レジン、フルカラー
推奨理由:再現性の高さ。塗装するなら光造形、フルカラーならインクジェット

仏像

仏像は滑らかで高精細、研磨や塗装がしやすい光造形3Dプリンターがおすすめです。

推奨3Dプリンター:光造形、インクジェット方式
推奨材料:高精細レジン、フルカラー
推奨理由:再現性の高さ。塗装するなら光造形、フルカラーならインクジェット

文化財・レプリカ系で
光造形3Dプリンターがおすすめの理由

光造形3Dプリンターでは高精細、滑らかな造形ができる点や、素材の種類が多い点などを活かして仏像の模型などを作るのに最適です。特にグレイやホワイトなどの材料を使えば造形後の研磨&塗装にも向いています。

文化財・レプリカ系で
インクジェット方式の3Dプリンターがおすすめの理由

レプリカは、インクジェット方式のフルカラー3Dプリンターが最適です。CMYKWなどの配合で多彩な表現が可能です。フルカラー3Dプリンターの代表的な企業がミマキエンジニアリングです。同社のSDUJ-2207はフルカラー×クリアで1000万色を超えるフルカラー造形が可能です。

 3Dプリンターで作れるもの:車・自動車パーツ関連

パーツ


光造形・FDM・レーザー焼結法

滑らかで高精細な造形ができ、研磨&塗装がしやすい。フルカラー造形が可能

治具


光造形・FDM・レーザー焼結法

高強度の造形ができる。

大型の試作


FDM

1メートル以上の造形ができる。

パーツ

自動車では最終パーツを3Dプリンターで作る取り組みが行われています。高耐熱や高強度の材料で作られています。

推奨3Dプリンター:レーザー焼結、FDM、光造形
推奨材料:ナイロン、ABS、耐候性&高強度レジン
推奨理由:最終品レベルの仕上がりと強度

治具

治具では自動車業界はいろいろな治工具が作られています。検査から罫書用、取り付けまでFDM、光造形、レーザー焼結の高強度材料が使用されます。

推奨3Dプリンター:レーザー焼結、FDM、光造形
推奨材料:ナイロン、ABS、高強度レジン
推奨理由:治具に求められる強度、軽量性

大型試作

自動車の大型試作では1メートルを超す大型のFDM 3Dプリンターで試作が作らています。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF
推奨材料:PLAなど
推奨理由:大型造形専用の3Dプリンター

車・自動車パーツ関連で
光造形3Dプリンターが
おすすめの理由

光造形3Dプリンターでは高強度な材料が使用できます。ABSの高強度やPP、PETの高靭性を再現した材料なども利用できます。部品やパーツ系などの造形に最適です。また光造形方式では比較的滑らかなため、最終品でも用途が拡大します。

車・自動車パーツ関連で
FDM3Dプリンターが
おすすめの理由

FDM 3DプリンターではABSやナイロン、ポリカーボネートなどのエンジニアリング系プラスチックが使用可能です。部品やパーツ類、治工具などに最適です。また大型のFDM方式であるBigRepなどを使用すれば1メートル以上の造形も可能です。

車・自動車パーツ関連で
レーザー焼結3Dプリンターがおすすめの理由

レーザー焼結3Dプリンターはナイロンの高強度材料が使用できるため、パーツ類や部品の小ロット量産に最適です。

3Dプリンターで作れるもの:ロボット・ドローン関連

筐体・パーツ


光造形・FDM・レーザー焼結法

高強度、高耐熱などの造形ができる。

筐体・パーツ

部品やパーツは一定の強度や精度が求められます。FDM、光造形、レーザー焼結どれでも対応していますが、高強度材料がお勧めです。

推奨3Dプリンター:FDM/FFF方式、レーザー焼結、光造形
推奨材料:高強度材料
推奨理由:筐体やパーツとしての強度が必要

ロボット・ドローン関連で光造形3Dプリンターがおすすすめの理由

光造形3Dプリンターでは高強度な材料が使用できます。ABSの高強度やPP、PETの高靭性を再現した材料なども利用できます。部品やパーツ、さらには筐体などの造形に最適です。また光造形方式では比較的滑らかなため、最終品でも用途が拡大します。

ロボット・ドローン関連でFDM3Dプリンターがおすすめの理由

FDM 3DプリンターではABSやナイロン、ポリカーボネートなどのエンジニアリング系プラスチックが使用可能です。部品やパーツ、筐体などに最適です。

ロボット・ドローン関連でレーザー焼結3Dプリンターがおすすすめの理由

レーザー焼結3Dプリンターはナイロンの高強度材料が使用できるため、パーツ類や部品、筐体の小ロット量産に最適です。

3Dプリンターで作れるもの一覧:歯科系

デンタルモデル


光造形

歯科モデルに最適な高精細

歯科用マウスピース


光造形

歯科用のマウスピース専用材料

手術用ガイド


光造形

歯科用のサージカルガイド専用材料

型用トレイ


光造形

歯科用の型どりトレイ専用材料

デンタルモデル

デンタルモデルは歯の形を再現するためのもので、歯科用モデル専用レジンが使用されます。

推奨3Dプリンター:光造形
推奨材料:高精細レジン
推奨理由:歯形の正確な表現のため

マウスピース

マウスピースは生体適合材料で口の中に入れても大丈夫な専用レジンが使用されます。

推奨3Dプリンター:光造形
推奨材料:マウスピース専用、生体適合材料
推奨理由:生体適合で一定の強度

手術用ガイド

手術用のサージカルガイドも生体適合材料で口の中に入れても大丈夫な専用レジンが使用されます。

推奨3Dプリンター:光造形
推奨材料:サージカルガイド&生体適合材料
推奨理由:生体適合性

型用トレイ

歯形をとるトレイも3Dプリンターで作られます。生体適合材料で口の中に入れても大丈夫な専用レジンが使用されます。

推奨3Dプリンター:光造形
推奨材料:トレイ用レジン&生体適合
推奨理由:妻帯適合性

歯科系で
光造形3Dプリンターがおすすめの理由

光造形3Dプリンターでは歯科用に特別に開発されたレジン材料が使用できます。歯列矯正用の歯形を作るモデルレジンや、歯ぎしり防止用マウスピースや、手術用ガイド、型どりのトレイなど、口の中に入れても大丈夫なように開発されたレジン材料が使用できます。

3Dプリンターで作れるもの一覧:その他(ルアー)

ルアー


光造形・インクジェット

滑らかで高精細な造形ができ、研磨&塗装がしやすい。フルカラー造形が可能

ルアー

ルアーは3Dプリンターで直接作るパターンと、樹脂型を3Dプリントで作り、小型射出成形機で作るパターンがあります。

推奨3Dプリンター:光造形
推奨材料:スタンダードレジン、高耐熱レジン(樹脂型の場合)
推奨理由:再現性の高さ、樹脂金型としての適性

光造形3Dプリンターがおすすめの理由

光造形3Dプリンターでは高精細、滑らかな造形ができる点や、素材の種類が多い点などを活かしてルアーの造形に最適です。また高耐熱レジンを使えば型も作成でき、小型の射出成形機などでルアーの成形も可能です。

インクジェット方式の3Dプリンターがおすすめの理由

ルアーでは、インクジェット方式のフルカラー3Dプリンターが最適です。CMYKWなどの配合で多彩な表現が可能です。フルカラー3Dプリンターの代表的な企業がミマキエンジニアリングです。同社のSDUJ-2207はフルカラー×クリアで1000万色を超えるフルカラー造形が可能です。

3Dスキャナー導入に


補助金を
活用しませんか?

i-MAKERでは3Dスキャナー導入サポートとして、補助金活用のご支援を行っております。3Dスキャナーでは「ものづくり補助金」や「事業再構築補助金」が適応されるケースが多いです。採択率90%以上を誇る弊社提携の公認会計士事務所が補助金申請の不安を払拭いたします。お気軽にご相談ください。

選定までは専門スタッフが無料カスタマーサポート!

3Dプリンター・3Dスキャナー、レーザーカッターの機能やケーススタディに精通する専門スタッフが
無料で機器選定までサポートいたします。ご相談は何度でも可能です。

TEL:042-444-7220 mail:info@i-maker.jp

    受付時間 10:00~17:00(土日、祝祭日除く)

 お気軽にお電話ください!