3Dスキャナーの選び方

3Dスキャナーを選ぶために

3Dスキャナーには現在、あらゆる種類、メーカーが登場しています。価格帯も1台数万円もものから、数百万円と幅広く、タイプもデスクトップからハンディまでさまざまです。フルカラーが可能なものや、高精度のものなど用途も非常にさまざまです。本コンテンツでは、そんな多種多様な3Dスキャナーの中から最適な1台を選んでいただくために3Dスキャナーのすべてについてまとめたものです。

 3Dスキャナーとは?

3Dスキャナーとはそもそもどのような技術なのでしょうか?一言でいうと、カメラやレーザーなどによって物体(=オブジェクト)の形状を読み取り、三次元のデータにする技術です。その種類もさまざまですが、最も代表的な存在がレーザーによって3Dスキャンするタイプが中心です。

3Dレーザースキャナーの仕組み

現在“3Dスキャナー”として販売されているもののほぼ大半が3Dレーザースキャナーといわれる種類です。物体との距離をレーザーで測定することで、オブジェクトの形状を三次元化する技術です。デスクトップ型もハンディ型もどちらもレーザーで360度測定することで3D化します。

レーザーで対象物との距離を測りオブジェクトの表面を点群でデータ化

LEDカメラで対象物のテクスチャーやカラーをデータ化

点群データとカラー画像を合成し、対象物の3Dデータを生成

3Dスキャナーの価格

3Dスキャナーの価格はさまざまです。1台数万円から購入できる機種もあれば、800万円近い3Dスキャナーもあります。3Dスキャナーの価格はスキャンサイズ、精度、使いやすさという3点が影響を与えています。

3Dスキャナーの初期導入コスト

3Dスキャナーの初期導入コストは3Dスキャナー本体の値段だけではありません。3Dスキャナーを接続するためのパソコンや、場合によってはスキャンされた3Dデータを編集する3Dソフトが必要になります。


3Dスキャナーのランニングコスト

3Dスキャナーのランニングコストは基本的に300万円以上のハイエンド機の保守料のみになります。それ以下の3Dスキャナーは基本的に運用にかかわるランニング費用はかかりません。

3Dスキャナーの価格帯

価格帯 スキャンサイズ タイプ スキャン精度 安定性
10万円~50万円 20センチ以下 デスクトップ型 0.05mm~
※機種・対象物によって異なる
50万円~200万円 20センチ~1メートル程度 ハンディ型 0.05mm~
※機種・対象物によって異なる
200万円~ 20センチ以下
20センチ以上
両方あり
デスクトップ型
ハンディ型
0.02mm~
安定性が高い

3Dスキャナーの種類

3Dスキャナーにはさまざまな種類があり分け方もさまざまです。ここでは代表的な4つの切り分け方について簡単にご紹介します。

3Dスキャナー ハンディ

3Dスキャナーの種類の一つで、比較的ハイエンド機に属するのがハンディタイプです。ハンディタイプは3Dスキャナーを手で持って使用するタイプで大型のスキャンサイズが可能です。

3Dスキャナー デスクトップ

3Dスキャナーのもう一つの種類がデスクトップ型です。デスクトップ型は据え置き型で20センチ以下などの小さいオブジェクトのスキャンに使用します。価格帯は低価格からハイエンドまであります。

3Dスキャナーフルカラータイプ

3Dスキャナーの中にはフルカラーで対象物をスキャンできる種類があります。形状をレーザーで読み取り、LEDで表面のテクスチャーを読み取ります。ARやVR、3DCG、3Dプリントなどにしようできます。

3Dスキャナーレーザータイプ

レーザータイプの3Dスキャナーは表面の形状のみをスキャンするタイプです。表面テクスチャーはスキャンしませんが、精度が高くスキャニング可能で、リバースエンジニアリングや検証用に使用できます。

3Dスキャナー おすすめ

3Dスキャナーにはさまざまなおすすめ機種があります。ここではタイプ別に3Dスキャナーのおすすめをご紹介します。

3Dスキャナー 個人用のおすすめ

3Dスキャナーを個人用でご使用される場合、低価格タイプ、50万円以下の3Dスキャナーがお勧めです。基本的にデスクトップ型が中心で、SOL PRO 3Dスキャナーや、EinScanSEなどがおすすめです。

3Dスキャナー 家庭用のおすすめ

3Dスキャナーを家庭用で使用される場合、基本的には個人向けと同様に低価格タイプの機種がお勧めです。デスクトップ型でかつフルカラーでスキャンできる機種が推奨です。

3Dスキャナー 業務用・高精度のおすすめ

3Dスキャナーで業務用で使用される場合には、精度や安定性が求められます。必然的にスキャン精度が高く(0.02mmなど)対象物を正確に3D化できる機能が求められます。EinScanのProHDや、ScanTechのSImScanなどがおすすめです。

EinScanPro HD

EinScanPro HX

3Dスキャナー 小型のおすすめ

3Dスキャナーで小型がスキャンできるおすすめは基本的にデスクトップ型になります。デスクトップ型はスキャンサイズが20センチ以下で、ターンテーブルでスキャンが可能です。

3Dスキャナー カラーのおすすめ

フルカラーの3Dスキャンができる機械はLEDレーザーが搭載されているタイプで、デスクトップ型、卓上型両方あります。

IREAL 2E

3Dスキャナーのメーカー

3Dスキャナーのメーカーはさまざまなメーカーが登場しています。ここでは代表的な3Dスキャナーメーカーをご紹介します。

 SCAN DIMENSION

SCAN DIMENSIONは、デンマークの世界的スキャナーメーカーグローバルスキャニングの3Dスキャン部門です。カラーテクスチャと形状の点群データをマッチさせる独自特許で低価格ながら高精度フルカラースキャンを実現しています。

SHINING 3D

SHINING 3Dは中国の3Dスキャナーメーカーです。代表的なブランドであるEinScanシリーズはデスクトップ型からハンディ型まで多彩な3Dスキャナーを手ごろな価格で提供しています。

SCANTECH

SCANTECは3Dスキャナー業界で10年以上の歴史を誇るハイエンド3Dスキャナーメーカーです。ハンディタイプのメーカーで高いスキャン精度から、製造業など工業用との高クオリティのスキャナーを提供しています。

3Dスキャナーと3Dプリンターの活用事例

3Dスキャナーはでスキャンしたデータは3Dプリンターで出力することもできます。レーザータイプの3DスキャナーではSTLデータでリバースエンジニアリングなどに利用できます。またフルカラー3Dスキャナーでスキャンしたデータはフィギュアや模型などのフルカラー3Dプリントと相性がいいです。

リバースエンジニアリング

高精度な3Dスキャナーでスキャンした3Dデータをもとに、各パーツを3Dプリントすることでリバースエンジニアリングに役立てることができます。

フィギュアや模型、ミニチュア

フルカラー3Dスキャナーでスキャンした3Dデータをもとにフルカラー3Dプリンターで出力を行うと、フィギュアや模型、ミニチュアなどを作ることができます。

ラピッドプロトタイピング

3Dスキャンしたデータをもとに、高速造形が可能な3Dプリンターを使用すればスピーディに製品開発を進めることができます。ラピッドプロトタイピングに最適です。

3Dスキャナーの疑問・不安、お答えします!

「3Dスキャナーのことがわからない」、「初めて導入するにはどの機種を選んだら良いのかわからない」、「価格帯と性能の違いがわからない」など3Dプリンターに関する疑問、不安にお答えします!お気軽にご相談ください。

TEL:042-444-7220

zoomも対応しております。


3Dスキャナー導入に


補助金を
活用しませんか?

i-MAKERでは3Dスキャナー導入サポートとして、補助金活用のご支援を行っております。3Dスキャナーでは「ものづくり補助金」や「事業再構築補助金」が適応されるケースが多いです。採択率90%以上を誇る弊社提携の公認会計士事務所が補助金申請の不安を払拭いたします。お気軽にご相談ください。

テスト3Dスキャン・デモ無料受け付け中

i-MAKERではご紹介の3Dスキャナーでテスト3Dスキャン、デモを無料でご提供しております。ご導入前の仕上がりやご用途に即した機種なのかどうか、ぜひご活用ください。