FUNMAT 3Dプリンター | 販売代理店 i-MAKER

FUNMAT 3Dプリンターは、二大機能で試作から機能性パーツ、治具、小ロット生産までオールインワンのものづくりを提供します。

Beamair割引キャンペーン

よりキレイな空気が増えるよう祈念してBeamairキャンペーンを行わせて頂きます。
Beamairはbeamo, Beambox, Beambox Proなどでご利用になれる集塵機です。
これまでのフィルターやデザインを改善して、より扱いやすい製品となりました。

キャンペーン内容は以下になります。

  1. Beamairを販売価格の10%オフでご提供致します。
  2. Beambox/Beambox ProとBeamairの特別セットでご購入頂いたお客様には5%オフで販売いたします。
  3. beamo、オートフォーカス、Beamairの特別セットでご購入のお客様には合計金額の5%オフで販売いたします。
  4. 開催期間:2020年9月7日~2020年9月22日
  5. 下記の項目にご記入頂き送信して頂くと、キャンペーン価格の商品ページをメールにてお送りします。

ご購入を検討されているお客様は、この機会にぜひご検討ください。

Form3 3Dプリンター 製品詳細 | 販売代理店 i-MAKER

細かいパラーメーター調整はもう必要ありません。 Form3本体に組み込まれた材料別のプリント設定によって、ノンストップの3Dプリントを実現します。

Form3L 3Dプリンター 製品詳細 | 販売代理店 i-MAKER

Form3の5倍の造形サイズを実現。大きなパーツを高速プリント。
Form3Lは、Form3の5倍のビルドボリュームと2基のレーザー出力を提供します。

Form3/Form3L/Form2スペック表

スペック表

  Form3 Form3L Form2
造形テクノロジー LFS LFS SLA
XY解像度 25ミクロン 25ミクロン なし
レーザースポット サイズ 85ミクロン 85ミクロン 140ミクロン
レーザーパワー 250 mW
レーザー
250 mW
レーザー
250 mW
レーザー
造形サイズ 145×145×185 mm 335×200×300 mm 145×145×175 mm
積層ピッチ 25-300 ミクロン 25-300 ミクロン 25-300 ミクロン
樹脂の補充 自動 自動 自動
樹脂カートリッジ
生体適合材 Form3Bで対応 非対応 対応
サポート材 ライトタッチ
自動生成
ライトタッチ
自動生成
通常
自動生成

ハードウェア・スペック表

Form3 Form3L Form2
プリンタサイズ
(幅×奥行×高)
40.5×37.5×53
cm
77.5×52×73.5
cm
34.5×33×52
cm
最小設置スペース
(幅×奥行×高)
40.5×53×78
cm
105×90×105
cm
34.5×56×79
cm
重量 17.5 kg 54 kg 13 kg
動作温度 35 ℃ 35℃ 35℃
加熱方式 空気加熱式プリントチャンバー 空気加熱式プリントチャンバー 過熱式レジンタンク
所要電力 100〜240 VAC
2.5 A
50/60 Hz
220 W
100〜240 VAC
7.5 A
50/60 Hz
650 W
100〜240 VAC
1.5 A
50/60 Hz
65 W
レーザー
仕様
レーザーユニット:1
EN 60825-1:2007認定
クラス1レーザー
波長:405 nm
出力250 mW
レーザーユニット:2
EN 60825-1:2007認定
クラス1レーザー製品
波長:405 nm
出力:250 mW
レーザー:1
EN 60825-1:2007認定
クラス1レーザー製品
405 nm波長
250 mW出力
接続性 Wi-Fi
(2.4、5 GHz)
イーサネット
(1000 Mbit)
USB 2.0
Wi-Fi
(2.4、5 GHz)
イーサネット
(1000 Mbit)
USB 2.0
Wi-Fi
(2.4 GHz)
イーサネット
(100 Mbit)
USB 2.0
プリンター制御 5.5インチタッチスクリーン
解像度1280×720
5.5インチタッチスクリーン
解像度1280×720
4.3インチタッチスクリーン
480×272解像度
プッシュボタン
アラート ダッシュボード
タッチスクリーンアラート
SMS / Eメール
2つのLEDステータスインジケーター
オーディオアラート用スピーカー
ダッシュボード
タッチスクリーンアラート
SMS / Eメール
2つのLEDステータスインジケーター
オーディオアラート用スピーカー
タッチスクリーン
ダッシュボード
SMS / Eメール

ソフトウェア・スペック

システム要件 Windows 7(64ビット)以上
Mac OS X 10.12以上
OpenGL 2.1
4 GB RAM(8 GB推奨)
対応ハードウェア Form3、Form3L、Form2共通
対応ファイル形式 STL、OBJ、FORM
主要機能 ワンクリックプリント
アダプティブレイヤーの厚さで細部の高速印刷が可能
リモートプリント
自動プリント方向付けで最適なプリント位置を設定可能
自動メッシュ修復機能
サポートの自動生成 パス検査用のレイヤースライサーの
回転、スケーリング、複製、ミラーリング 複数言語で利用可能
ダッシュボードのプリンター管理機能 クラウドを介して3Dプリントと3Dプリンターを管理可能
レジン材料とタンクの使用状況をトラッキング
SMSおよび電子メールアラート
企業グループアカウントを作成可能、プリンターをより簡単に共有し、アクセスを制御できる

PreForm Form 3専用ソフトウェアの使い方と造形のコツ

PreForm とは

Form3が他の3Dプリンターと違う特長の一つが専用ソフトウェアPreFormです。PreFormはForm 3、Form 2で使用することができるスライサーソフトで、

  1. プリント方向
  2. サポート材の設定
  3. 拡大縮小
  4. レイアウト

など造形モデルの最適なプリント設定を行うことができます。

PreFormを使いこなすことで、より造形モデルを綺麗に仕上げたり、プリント時間を短縮することが可能です。

また、PreFormの特長の一つが優れたインターフェースです。直観的に操作することが可能で、誰でも簡単に3Dモデルのプリント設定を編集することが可能です。

ここではPreFormの機能と特長から、Form 3で綺麗な仕上がりができるプリント設定のポイントまでご紹介します。

PreFormのインストール方法はこちらをご参照ください。「PreFormのインストール・更新方法

PreFormの全体図、コマンドと表示

まず初めにPreFormの全体の見方、各コマンドの機能についてご紹介します。(ここではPreFormの設定がすみ、ご使用の3Dプリンターが選択されている前提です。

PreFormの設定については、「Form 3でプリントを開始する方法」をご参照ください。

PreFormを立ち上げると以下のような画面が立ち上がります。ここでは画面左側にある4つのコマンドについてご紹介します。

ワンクリックプリント

一番上のボタンはワンクリックプリントを行うボタンです。ワンクリックプリントは、プリント方向と傾き、プリントする位置、サポート材のつけ方を自動で設定してくれるボタンです。

ワンクリックプリントのコマンドは一番上にあります。

ワンクリックプリントを行うことで、細かい設定などを行わなくてもPreFormが造形モデルの形状を認識して、自動設定してくれます。

プリントをセットアップするをクリックします。
自動でプリント方向・サポート材を設定してくれます。

ワンクリックプリントで設定した後は、Form 3にプリントデータを送るだけで3Dプリントを開始することができます。

そのままForm3やFom2にアップロード可能です。

注意点:
必ずしもワンクリックプリントが最もきれいに造形できるわけではありません。造形モデルの形によってはサポート材を付けたく無いところまでサポート材がついてしまったりします。あくまでもプリント設定の一つとして造形の目安にしてください。例えば、このワンクリックプリントをベースにサポート材の数量や大きさなどを編集することもできます。

造形モデルの拡大・縮小

ワンクリックプリントのすぐ下のアイコンが造形モデルの拡大と縮小を行うアイコンです。読み込んだSTLもしくはOBJデータをPreForm上で拡大縮小することが可能です。

上から2番目のアイコンがサイズを変更できるアイコンです。

拡大・縮小の方法は読み込んだ造形データのサイズから倍率を指定して拡大縮小を行う方法か、XYZのサイズを直接入力して拡大・縮小する方法もあります。

倍率やXYZのサイズを直接編集ができます。

Form 3の最大造形サイズは145mm×145mm×185mmです。この範囲を超える造形モデルを読み込むと自動で縮小も可能です。

造形モデルの向きを変更する

上から3番目のアイコンで造形モデルの向きを変更することができます。Form 3ではプリント方向によってサポート材のつけ方や造形精度が変わります

プリント方向では3つの方法が可能です。

造形モデルを矢印・マウスで動かす

第一が、モデルを直接選択しモデルを回転させる方法です。矢印の方向を選択するか、マウスで造形モデルを選択すると中央に円形の丸いマニピュレータに沿ってクリック&ドラッグしながら、モデルを自由に回転させます。

矢印やマウスで自由に方向を変えることができます。

XYZの軸角度を入力

第二の方法が、直接軸の角度を入力して傾きを調整する方法です。この方法ではX方向、Y方向、Z方向の3つの数値が入力可能で、直接入力するか、クリックすることで1度ずつ角度を変えることができます。

XYZそれぞれ角度を付けて方向を調整できます。

底面を選択する

第三の方法が造形モデルの各面を底面に選択して配置する方法です。造形モデルを6面のボックスとしてとらえてどの面を底面にするか決めます。その後上の軸の角度調整で編集することも可能です。

6面で把握し底面を決められます。

サポート材の設定

サポート材の設定では、サポート材の太さ、密度、つけ方など細かい設定を行うことができます。Form 3のような光造形3Dプリンターは造形物とサポート材が同じ材料を使用します。そのためサポート材のつけ方によって造形後の後処理の手間や仕上がりが大きく異なります。

プリント方向が決まれば後はサポート材の設定です。

サポートの自動設定

サポート材の設定はサポートの自動設定を押すと自動でプリント方向に従ってサポート材を付けてくれます。

サポート材の自動設定を押すと自動で生成します。
サポート材が生成されました。

サポート材の手動設定

サポート材は1本ずつ手動で設定することができます。ツールバーの「複数のサポートを編集する」の項目にある編集ボタンを開くと、タッチポイントのサイズと、編集画面が開きます。

サポート材を追加したい場合には追加したい箇所をマウスでクリックすると白い点がつきます。

カーソルを自由な場所に移動させると白い丸がつけらサポートがつけられます。

一方、サポート材を削除したい場合には削除したい箇所に矢印を合わせると赤くなるので、クリックすると消えます。

カーソルを白い丸に合わせると赤くなるのでクリックすると消えます。

その後「適用」ボタンを押すとサポート材が生成されます。

適応ボタンを押すと編集した状態でサポート材が生成されます。

ラフト設定

サポート材の自動設定方法ですが、主に3つの方法があります。

第一がラフトの設定です。ラフトとは造形モデルを作る際の土台のことです。PreFormでは2種類のラフト設定と、ラフト無を選ぶことができます。ラフト無では、造形モデルをビルド・プラットフォームに直接付着させて造形します。

ラフトの項目をプルダウンで選ぶことができます。

フルラフト

ラフトの2種類はフルラフトとミニラフトの2種類があります。フルラフトとは土台そのものを作り、その上にサポート材を伸ばして造形モデルを支えるラフトです。

特長としては材料を消費する分、造形モデルが安定します。また造形モデルをはがす際にはスクレイパーで1か所こじ開けることで空気を入れて取り外すことができます。

フルラフトがデフォルトです。

ミニラフト

一方ミニラフトはフルラフトのような土台をつくるのではなくサポート材1本ずつに小さいラフトを作るもので、フルラフトよりも材料消耗が少なく済みます。

また複数の造形モデルを一度にプリントする場合には、ラフト面積を取らないため、モデルとモデルを近い距離で配置でき、複数のモデルをプリントできます。その一方で、取り外しには手間がかかります。

ミニラフトだと材料が節約できます。

ラフトノベル

フルラフトの場合、ラフトにデータの名前を入れることことができます。これがラフトノベルの機能です。ラフトノベルはチェックを入れるだけで設定が可能です。

例えばバリエーションデザインなど複数の造形モデルをプリントする際など、ラフトノベルで見分けると便利です。

ラフトノベルにチェックを入れるとデータ名が入ります。

サポート材の密度の編集

密度ではサポート材の本数の密度を編集することができます。

密度はベースが1.0となっており、数値を0.05単位で増減することができます。密度は高くなればなるほど造形は安定しますが、サポート材の本数が増え除去が大変になります。一方密度を低くすればするほどサポート材の本数が減り除去が楽になります。その反面、場合によっては造形物を支えきれない場合があります。

造形物の形状や大きさによって密度を増減させて調整します。

密度を変えることで本数を変更することができます。

サポート材のタッチポイントの編集

タッチポイントとは造形モデルとサポート材の接触する部分のサイズのことです。

このタッチポイントが小さくなればなるほど造形モデルとサポート材との接地面が小さくなり、造形モデルが取り外しやすくなり、サポート材の跡も小さくなります。その反面、造形物が支えられない可能性もあります。

タッチポイントのサイズは最大1.3mmまで、最小では0.1mmの範囲で調整ができます。しかし0.4mm以下に設定しようとすると警告がでます。この限界値は造形モデルの形状やサイズなどによって異なります。造形モデルの形状や大きさによって異なりますが、0.35mmが限界のような気がします。

タッチポイントのサイズを変えることができます。

内部サポートの有無

内部サポートとは造形モデルの中空部分のサポート材のことです。造形モデルの形状によっては内部が空洞になっているところや、内部でオーバーハングになっている部分につける設定です。

内部サポートのありなしを選択できます。

基本的に中空や内部のオーバーハングに内部サポートを付けないと、場合によっては造形モデルを支えることができない可能性があります。

ただ、内部サポートを付けるとサポート材が除去できない部分が出てくる可能性があり、形状によって判断が必要です。

チェックを外すと内部の中空部分にサポート材を付けずに造形ができます。

また、内部サポートが必要な個所で、サポート材があまり付けたく無い場合には、内部サポート有で設定し、手動でサポートを部分的に減らすなどの方法も必要です。

詳細設定

詳細設定ではラフトの細かい設定を行うことができます。

平面間隔設定の変更(調整不可)

平面間隔設定とは、サポート材のタッチポイントごとの間隔の設定です。ただ、この項目は直接編集することができません。デフォルトは5.0㎜に設定されていますが、サポート材の密度の設定値によって自動で変わります。

傾斜乗数

傾斜乗数とは角度のある表面に生成されるサポート構造の密度のことです。傾斜乗数はデフォルトが1.0に設定されていますが、値を小さくすると、サポート間の間隔が広がります。一方、入力する値を大きくすると、サポート間の間隔が狭まり、サポートの密度が増えます。

ラフト上の高さ

ラフト上の高さですが、ラフトから造形モデルまでの距離です。デフォルトは0.5mmに設定されています。ラフトの上の高さの値が小さすぎると、十分のサポート材がつけられず、変形の恐れがあります。

ラフトの厚さ

ラフトの厚さはデフォルトで2.0mmに調整されています。この値を高くするとラフトは厚くなり、薄くするとラフトが薄くなります。

ラフトが薄くなると、サポート構造の安定度が低下します。一方ラフトの厚みが増すと、ビルド・プラットフォームから造形モデルを取り外すのに、より多くの力が必要になります。

Z軸圧縮調整(ラフト無の場合のみ調整可能)

Form 3では、一番初めの層をプリントする際、造形モデルをしっかりとビルド・プラットフォームに固定させるために、Z軸に沿ってレイヤーを圧縮する機能があります。

そのため、完成したプリントの高さはほんの僅に、設計したモデルの高さよりも短くなることがあります。Z軸圧縮補正は、このモデルの高さを、プリント中に設計通りに補正する機能です。Z軸圧縮補正のデフォルト値は、0.75mmに設定されています。

初期レイヤーのマージを調整(ラフト無の場合のみ調整可能)

表面に凹凸がある造形モデルを直接プリントする場合、ビルド・プラットフォームにしっかり固定できない場合があります。

初期レイヤーのマージ調整とは、ビルド・プラットフォームに接するベース部分を平坦で滑らかにする機能です。この機能により造形モデルをビルド・プラットフォームにしっかり密着させることができます。

レイアウトの編集

PreFormでモデルのプリント方向、サポート材のつけ方が終わった後はレイアウトの編集が可能です。レイアウトの編集では、造形モデルのプリント位置、モデルの複製、配列などを設定することが可能です。光造形3Dプリンターは複数プリントを行う場合に優れた生産性を発揮します。

レイアウトでプリント位置や数などを設定できます。

複製

複製では、数量を指定して同じ設定の造形モデルを複製することができます。

複製できます。

配列

配列ではXとYの配列を設定することができます。カウントはそれぞれの方向で何個配置するのか、スペーシングはモデルとモデルの間のスペースの広さです。

レイアウトの配列も自在です。

ミラーリング

ミラーリングは選択した造形モデルを押すとミラー仕様で反転します。

ミラーリングで反転できます。

ビューを変更する

造形モデルのプリント設定が終わった後は各角度からの確認をすることができます。右上の角にある矢印をクリックすると、矢印が指している方向からビルドプラットフォームを見れるようになります。

中央にあるHome(ホーム)アイコンをクリックすると、元のビューに戻ります。

ホームボタンを押すと中心に合わせられます。

スライダーでプリントプロセスを確認する

スライダーバーをスライドさせると設定したプリントプロセスを確認することができます。内部の構造やサポート材の付き方など、複雑なモデルでは内部構造までプリントプロセスを見ることができます。

PreFormを使いこなす。綺麗でミスのない造形の実現

PreFormを使いこなすことで、綺麗でミスのない造形を実現することができます。ここではPreFormを使ってより3Dプリントを高品質に仕上げる方法や注意点をご紹介します。プリント方向やサポート材のつけ方などは、造形モデルによって個別に最適化される必要があり、すべての造形モデルに当てはまるわけではありませんが、参考にはなればと思います。

反転方式の光造形3Dプリンターの特性を知る

まず初めに、プリント方向などの最適化の前に、反転方式の光造形3Dプリンターの特性を理解する必要があります。反転方式の光造形3Dプリンターは、レジンタンクにビルド・プラットフォームがつかり、下からUV光のレーザービームが照射されて1層ずつ積層されていきます。

その際、ビルド・プラットフォームも1層ごとに上げ下げを繰り返して積層していくため、液面から引きはがされる際に剥離力がかかります。この剥離力によって物体がZ軸(縦方向)に引き延ばされる傾向にあります。

Form 3はこの剥離力を低減させるためにレジンタンクをフレキシブルにしレーザーユニットが押し当てられながら引きはがされる機能を搭載していますが、プリントする方向や形状には推奨される方向、形状があります。

斜めのプリント方向が推奨

Form 3では上記でご説明したように、ビルド・プラットフォームが一層ずつ引き上げを繰り返すため、プリント方向は基本的に斜めが推奨となっています。

例えば平面にプリントする場合、最初にビルド・プラットフォームとレジンタンクの接地面が大きくなり引きはがす際の剥離力が強くなり造形精度に影響を与える可能性があります。

そのため、最小は小さく、だんだん末広がりに広がる斜め方向のプリント設定が綺麗に造形することができます。

水平・垂直方向でプリントする場合

すべての造形モデルが斜めがいいとは限りません。造形モデルの形状や、サポート材をどうしても付けたく無い場合などは水平・垂直方向でプリントしたほうが綺麗に仕上がる場合も多くあります。

例えば円筒形や棒状の形状などは、縦方向にプリントしたほうがサポート材の接地面が少なく仕上がります。

吸引カップをプリントする場合

反転方式の光造形3Dプリンターでは、カップ形状でのプリントに注意が必要です。

レジンタンクの液体レジンにカップ状の造形モデルがつかることで、プリントしたパーツとレジンタンクの間に空気が閉じ込められ、真空状態になります。これが吸引カップといわれる状態で、造形モデルがゆがんだり積層跡が残ったりする可能性があります。

カップ状の造形モデルをForm 3でプリントする場合には3つの方法があります。

吸引カップを解消する方法1:斜め方向

第一が、プリント方向を斜め5-15°傾け斜めの方向でプリントします。ただこのプリント方向では、カップ状の造形モデルの外側や周囲にサポート材がつきます。

吸引カップを解消する方法2:穴あけ

第二が、カップ状の底部に空気穴をあけることで真空状態が解消されます。例えば造形モデルの目的が形状確認のプロトタイプなどを目的としていればカップの底部に穴をあけて垂直にプリントしたほうがサポート材の接地面が少なくカップの外側にもサポート材がつかず綺麗に仕上がります。

吸引カップを解消する方法3:分割

第三が造形データを分割してプリントする方法です。カップ状の底部と筒の二つに分割してそれぞれプリントし、後から接着剤などで接合する方法もあります。

アイランド形状をさける

反転方式の光造形3Dプリンターではアイランド形状になってしまうプリント方向も注意が必要です。

アイランド形状とは二つの独立した島(アイランド)が積層が進むにつれて一つになるプリント方向のことです。

アイランド形状で造形された場合、接合部分がずれたり、強度が弱くなったりしてひび割れやパーツの分離が起きる可能性があります。そのためアイランド形状にならないプリント方向で造形してください。

ミニマの解消

ミニマとはサポート材が足りていない部分です。造形モデルの形状によっては、サポート材がつかず、プリント中支えきれない部分が赤く表示されます。こうした箇所はミニマとされており、サポート材を手動で足す必要があります。

複数プリントのプリント方向

同じ造形モデルを複数同時プリントする場合には、同じサポート材のつけ方、同じプリント方向で3Dプリントすることをお勧めします。プリント方向をそろえることでレジンタンクからの剥離、プラットフォームの引き上げの負担が均一化され、安定して造形が可能です。

アッセンブルモデルのプリント方向

アッセンブルモデルを複数のパーツに分割してプリントする場合、同じプリント方向で造形しないと、寸法が微妙に異なり造形後にパーツが組み合わない可能性があります。

オーバーハングと内部サポート

造形モデルの形状によっては、オーバーハングになる部分が出てきます。オーバーハングとはもともと岸壁の傾斜の突き出ている部分(庇のような部分)で、一般的にはFDM 3Dプリンターなどでは45度といわれていますが、Form 3では19度が推奨といわれています。

その場合にはサポート材の設定で内部サポートをONにするとつく場合があります。もしくは個別のサポート設定で追加してください。

成功する3Dモデルのデザイン

Form 3では、3Dプリントを成功させるための3Dモデル状のいくつかの限界があります。ここではForm 3で綺麗でミスのない造形をするためのさまざまな制約をご紹介します。

PreFormでデータを読み込む前に、設計した3Dモデルが最適化されているかどうか確認してください。

注意点:
以下のガイドラインは、Formlabsのクリアレジンを使い、積層ピッチを100ミクロンに設定した際のデータです。そのため他の種類のレジンや異なる積層ピッチ(25ミクロン、50ミクロンなど)の設定でプリントする場合には、若干の差異が発生する可能性があります。

サポート付きの壁の最小厚み:推奨200ミクロン

2辺以上の壁に挟まれた壁の厚さは最小200ミクロン(0.2mm)以上が推奨です。この暑さが200ミクロンよりも薄い場合には、プリント中のビルド・プラットフォームの剥離プロセス中に“反り”が起きる可能性があります 。

注意点:薄壁の洗浄
200ミクロン程度の薄い壁を洗浄する際には、洗浄中にIPAを吸収して膨張する可能性があります。薄肉の壁を洗浄する際には、IPAに浸す時間を最小限に抑えることをお勧めします。

サポートなしの壁の最小厚み:推奨200ミクロン

1辺の壁の厚さは最小200ミクロン(0.2mm)以上が推奨です。200ミクロンよりも薄い場合には、プリント中のビルド・プラットフォームの剥離プロセス中に“反り”が起きる可能性があります。

サポートなしの最長オーバーハング;推奨5000ミクロン

オーバーハングとは、すでにご紹介しましたが、もともと岸壁から突き出て岩のことを指します。3Dプリンターでは造形モデルの突き出た部分のことを言います。

Form 3で造形できるオーバーハングの形状は壁から5000ミクロン(5mm)の長さです。5000ミクロンを超えると変形する可能性があります。オーバーハングの部分を確実にプリントするためにはPreFormのサポート材の設定で「内部サポート」をONにします。

サポートなしのオーバーハングの最小角度:推奨 平面から10°

オーバーハングの角度は、オーバーハングが突き出ている水平からの角度を指します。

Form 3では10度(長さ35mm × 幅10mm x 厚さ3mm)より浅い角度でオーバーハングをプリントすると、ビルド・プラットフォームの剥離プロセス中に、モデルが折れてしまう可能性があります。この場合にはPreFormのサポート材の設定で「内部サポート」をONにしてください。

水平サポートの最大スパン/ブリッジ:推奨29mm(幅5mm × 厚さ3mm)

スパンとは、図のような構造物の2つの中間サポートの長さです。水平スパンのプリントはお勧めしませんが、特定の幾何学的な形状はうまくプリントできます。

幅5mmと厚さ3mmの横材の場合には、スパンの長さは29mmまでであればプリントできる可能性があります。

29mm以上の長さだとプリントに失敗する確率が高くなります。水平サポートのスパンをプリントする場合にはPreFormのサポート材の設定で「内部サポート」をONにしてください。

垂直ワイヤーの最小直径:推奨200ミクロン(高さ7mm)から1500ミクロン(高さ30mm)まで

ワイヤーとは、長さが幅の2倍を超えるワイヤー状の形状のことを言います。ワイヤーの3Dプリントを行うコツは比率です。

例えば直径が200ミクロンの場合には高さは7mmまで、直径が1000ミクロンの ワイヤーの場合、高さは30mmまでプリントが可能です。それ以上の長さのワイヤーをプリントする場合には同じような比率で直径と長さを算出して設計してください。

注意点:小さなワイヤーの洗浄
薄い壁の洗浄と同様に、小さなワイヤーを洗浄する時は、IPAによって強度が弱まり、損傷しやすくなります。IPAへの浸漬時間をできるだけ短くすることで、IPAから受ける影響を最小限に抑えることができます。

最小凸面のディテール:推奨100ミクロン

表面の凸面のディテールを表現するためには厚さと高さは100ミクロン以上が必要です。100ミクロン未満の場合には裸眼で確認できない場合があります。

最小凹面のディテール:推奨150ミクロン

表面の凹面のディテールは、刻印や窪みの形状を表すのに必要です。凹面のディテールの厚さや高さは150ミクロン以上必要です。150ミクロン未満の場合いは、プリント中にモデルの他の部分と融合してしまい、裸眼では確認できなくなる場合があります。

最小クリアランス:推奨500ミクロン

クリアランスとは、2つのモデルをプリントする際に必要な距離です。モデルとモデルの間には500ミクロン以上が必要です。500ミクロン未満のクリアランスは融合してしまう恐れがあります。

穴の最小直径:推奨500ミクロン

直径が500ミクロン未満の穴はプリント中にふさがってしまうことがあります。

ドレインホールの最小直径:推奨 直径2.5 mm

ドレインホールとは、密閉モデルの破裂を防ぐための穴です。完全に密閉された中空の造形モデルをプリントする場合、少なくとも直径2.5 mmのドレインホールがないと、パーツ内にレジンや空気が閉じ込められ、カッピングによる破裂を引き起こしてしまう可能性があります。

まとめ

PreFormはForm 3の機能が進化するとともに、Formlabsによって常にバージョンアップが行われているソフトウェアです。直観的でとても簡単にプリント設定を行うことができます。またプリント方向の設定や設計時の注意点を知ることでより綺麗で最適な造形モデルを作ることができます。

Form3のメンテナンスでやるべきこと

Form3はほぼメンテナンスフリーの3Dプリンター

Form3は、他の一般的な3Dプリンターに比べて、ほぼメンテナンスフリーに近い3Dプリンターです。その最大の理由は、構造がシンプルであり、かつユーザーが設定するところがほぼ無いからです。

一般的なデスクトップタイプの3Dプリンターは、ユーザーがさまざまな設定を行わなければなりません。例えばFDM タイプですと、ノズルの管理やプラットフォームの状態など、微妙な誤差が造形に大きな影響を与えます。

しかしForm3では、基本的にプリント設定が3Dプリンター本体にプログラムされているため、ユーザーは

①レジンカートリッジ

②レジンタンク

の二つを管理するだけですみます。

ただ、Form3本体におけるメンテナンスでも注意を払わなければならない点がいくつかあり、ここではForm3全体でメンテナスすべきことをまとめてご提供いたします。

本記事によって皆様の日々の造形がより快適になれば望外の幸せです。

Form3本体のメンテナンスポイント

Form3本体のメンテナンスポイントは大きく分類して6点あります。

第一が、レーザーユニットのメンテナンス。
第二が、センサーまわり
第三が、Z軸の支柱(ビルドプラットフォームを支える支柱)
第四が、オレンジ色のカバー部分
第五が、タンク下の構造部分
第六が、電源・USBケーブルまわり

ぞれぞれ順を追ってご紹介します。

レーザーユニット(LPU)光学窓のメンテナンス

Form3のレーザーユニットは、Form2とは違い、新たにユニット化されたことでメンテナンス性が飛躍的に向上しました。レーザーユニットはプリントしていないときには常に本体内部に収納されているため、レジンがこぼれたり、誤って触れしまう機会が無いためです。

Form2では、レジンタンクを取り外すとレーザー照射口である光学窓がむき出しになっていたことから、レジンが垂れたり、誤って触れしまったり、埃が入ったりと、レーザーの精度に影響を与える注意点がありました。

一方、Form3ではプリントしてないときには、Form3の筐体内部に収納されていることから、上記のような汚す心配はありません。しかし、長期間の使用によって、内部に埃などが入ってしまう可能性があるため、定期的な点検と、適切なメンテナンスが必要です。

例えばレーザーユニットの光学窓に埃などが入ってしまうと、レーザーが拡散してしまったり、照度が弱まってしまって造形に影響を与える可能性があります。
そのため定期的に点検を行い、光路用のガラス窓を綺麗に保つ必要があります。

点検に必要な備品

レーザーユニットの点検には以下の備品が必要です。

ニトリル手袋
懐中電灯もしくはLEDライトなど
エアーブロワー
厚手のクリーニングシート(糸くずなどが出ないもの)
イソプロピルアルコール(IPA純度90%以上)

点検の前に

点検する前に以下の付属品を取り外してください。

  1. ビルドプラットフォー
  2. レジンカートリッジ(空気抜きキャップを閉める)
  3. レジンタンク

※レジンタンクは付属の専用ケースに入れて紫外線遮蔽のふたをしてください。

LPUユニットを筐体から見える位置に出す

準備が整ったら格納されているLPUユニットを筐体から出します。
LPUユニットは以下の手順で出すことができます。

  1. Form3の電源ケーブルをコンセントに差し込み、電源を入れる。
  2. タッチスクリーンに表示されているレンチ形のアイコンをタッチし、Settings(設定)メニューを開きます
  3. Calibration(校正)を選択し、続いてLPU Replacement(LPUの交換)をタッチします。
  4. そうするとLPUがプリンタ右側の保管位置からメンテナンス位置に移動します。
  5. タッチスクリーンに、メンテナンスを続行する前に、電源ケーブルを抜くというメッセージが表示されたら、電源ゲーブルを抜いてください。

LPUユニットの光学窓を点検する

LPUユニットが筐体から出てきたらまずは光学窓の点検を行います。懐中電灯やLEDランプもしくはスマートフォンのカメラ用フラッシュライトなどを使用して、光学窓のガラス面に汚れがついていないか調べてください。前後左右、いろいろな角度から光を当ててください。

埃を取り除く

LPUユニットの光学窓に埃がついている場合には、エアーブロワーを使用し優しく光学窓表面の埃を取り除いてください。エアーブロワーで埃が取り除けない場合には、新しい厚手のクリーニングシート(PEC*PAD)で埃を拭き取ってください。

その際、ガラス面の奥から手前の方向にゆっくり押しあてながら拭き取るようにし、ガラス面全体が完全にきれいになるまでふき取ってください。

注意点:
推奨されていないクリーニング用具を使って光学窓の汚れを拭き取ろうとすると、ガラス面に傷がつき、プリント品質が劣化する原因になります。

レジン汚れの場合

Form3のLPUユニットは使用していない間は筐体本体に格納されているため、レジンがつくことはまずありませんが、万が一レジンが垂れてしまって汚れてしまった場合には以下の方法でレジンをふき取ってください。

少量のイソプロピルアルコール(IPA)を浸み込ませた清潔なマイクロファイバーの布を使い、レジンが付いているガラス面に押し当て、ゆっくり動かしてふき取ります。

IPAでレジンを溶解させます。その後、いったんIPAが完全に乾くのをまってから、再度IPAを浸み込ませたPEC*PADを使い、ガラス面を濡れ拭きし溶けたレジンを完全に拭き取ります。

IPAでの濡れ拭きは、レジンや指紋、油などの汚れが目視できるときのみ行ってください。また、ガラス窓の汚れは必ずIPAを使うようにしてください。IPA以外の洗浄液を使うと、ガラス面の反射防止膜が劣化してしまう恐れがあります。

懐中電灯やLEDなどで確認を行い完全に汚れが落ちるまで拭いてください。濡れ拭きが終わったら、新しいPEC*PADを使い、もう一度全体を乾拭きしてください。

LPUユニットを戻して完了

清掃が終了したら、電源ケーブルをつないでください。Form3が初期化し、LPUが元の定位置に戻り校正を行い終了です。

センサーまわりのメンテナンス

Form3で行うメンテナンスの一つがセンサー周りのメンテナンスです。Form3はプリント設定が自動化されている理由の一つがセンサーでレジンの種類を読み取っているからです。

そのため、センサー部分が汚れてしまうと、プリントそのものができなくなってしまいます。

レベルセンスボードのメンテナンス

Form3のセンサーはレジンタンク、レジンカートリッジ、プラットフォームなどに装着されていますが、チェックして清掃できる部分はレジンタンクを認識するレベルセンスボードです。

レベルセンスボードが汚れていしまうとレジンタンクが認識できず、レジンタンク内にどのぐらいまでレジンが入ってるかなどが認識できなくなってしまいます。

もしレジンなどで汚れている場合にはIPAをペーパータオルなどに含ませて綺麗に拭いてください。

Z軸の支柱

Form3のメンテナンスの三点目がZ軸の支柱です。Z軸の支柱はビルドプラットフォーム支え、上下に移動させるためのパーツです。Z軸が滑らかに動くことで造形もスムーズに行われます。

もしレジンなどが付着してしまった場合には石鹸水で湿らせたペーパータオルまたは綿棒で拭き取ってください。

オレンジ色のカバー

Form3の筐体を覆っているオレンジ色のカバーも定期的に清潔に保つようにしましょう。

カバーの外と内にレジンがついていないか確認し、もしレジンが付着していた場合には、まず初めにペーパータオルでレジンをできるだけ吸い取り、残りは石鹸と水をしみこませたペーパータオルで綺麗にふき取ってください。

タンク下の構造部分

タンク下の構造部分は通常であればレジンタンクがはまっているため汚れることはありません。しかし、まれにレジンタンクの不良によってレジンが漏れてしまう場合があります。

その場合には、漏れ出したレジンを可能な限りペーパータオルなどで吸収しふき取ってください。その後石鹸と水を含ませたペーパータオルで綺麗に拭ってください。

電源・USBケーブルまわり

電源やUSBポート、イーサネットポートが汚れることはありませんが、万が一レジンなどが付着して汚れてしまった場合には、少量のIPAを含ませた綿棒を使って、レジンを取り除いてください。

付属品のメンテナンス

Form3では付属品の状態が造形精度に影響を与えます。またエラーなども付属品の状態によっては発生します。

ここでは
1) レジンカートリッジ
2) レジンタンク
3) ビルドプラットフォーム

の3種類のメンテナンスをご紹介します。

レジンカートリッジのメンテナンス

レジンカートリッジでチェックすべき点は2か所あります。この2か所の部分が適切な状態になっていないと、レジンが読み込まなかったり、レジンが流れ出てきません。

ICチップの確認

第一がチップの確認です。Form3ではレジンカートリッジに取り付けられているICチップをセンサーで読み取ってレジンの種類を判別しています。そのためチップ部分が汚れていたり何らかの不良によって反応しないと、レジンカートリッジエラーで認識できなくなります。

チップ部分が汚れている場合にはIPAを湿らせた綿棒などで綺麗にふき取ってください。

バルブの確認

第二がレジン供給用のバルブ部分です。このバルブには切れ込みが入っており、上の空気穴をあけることで、バルブからレジンが流れ出し供給が始まります。

ごくまれにレジンカートリッジのバルブに切れ込みが入っていないものや、切れ込みが浅いものがあります。その場合にはヘラやカッターナイフなどで慎重に切れ込みを入れてください。

切れ込みがあるものは親指と人差し指でつまむと口が空きます。

レジンタンクのメンテナンス

レジンタンクのメンテナンスについては「Form3のレジンタンク完全ガイド」で詳しくご紹介しているので詳しく知りたい方はそちらをご参照ください。

本記事では簡単にご紹介します。

レジンタンクの寿命を確認する

Form3のレジンタンクには寿命があります。レーザーが照射されることによるコーティングの摩耗、レジンに浸かっていることによる消耗により、レジンタンクも適切に交換しなければなりません。摩耗してくるとレーザーが正しく当たらず造形精度に影響をおよぼします。

レジンタンクの寿命は

エラスティック、グレイプロ、リジッドの3種の影響
レジンに10週間触れている、または3リットルのレジンを使用してプリント、いずれか早い方

その他のレジンの影響
レジンに35週間触れている、または5リットルのレジンを使用してプリント、いずれか早い方

となっています。

ICチップのクリーニング

レジンタンクもICチップが汚れてしまっていると、センサーで読み取ることができずレジタンクエラーとなります。ICチップ部分が汚れている場合には少量のIPAを綿棒などに含ませてふき取ってください。

ビルドプラットフォームのメンテナンス

ビルドプラットフォームは全レジン共通でご使用いただけます。ただレジンカートリッジも消耗品で、造形後にヘラやスクレーパーで取り外しを行うことで表面に傷がつき剥げてしまいます。

あまりに傷が深くなると、造形中に傷跡にレジンが入り込み造形物が取り外しできなくなります。そうすると交換が必要です。

Form2 仕上げキット 洗浄

まとめ

Form3は基本的にメンテナンスフリーで使用できる3Dプリンターですが、定期的に上記の点にきをつけてご使用すれば長く高品質で安定した3Dプリントが可能です

Formlabsから新たなフレキシブル80Aレジンが登場

フレキシブルの新レジンが登場

Form3Form2の最大の特長が1台でさまざまな物性を持つレジン材料を使用できる点です。一般的なスタンダードタイプから、高強度な材料や鋳造用のキャスタブルワックスまで1台で多彩な用途に使用できるのが魅力の一つです。

中でも他の3Dプリンター、特にFDMタイプではなかなか造形が難しい柔軟性材料に対応しているのが特長的です。

フレキシブルとエラスティックの2種類ですが、今回はゴムライクのフレキシブルレジンのバージョンアップ、フレキシブル80Aが登場しました。

新たに透明な見た目にバージョンアップ

フレキシブル80Aは、フレキシブルレジンのバージョンアップという位置づけです。最大の違いがその見た目です。現在のフレキシブルは見た目が黒く、ゴムライクな質感が特長ですが、新たに登場したフレキシブル80Aは、見た目がクリアな半透明に変更されました

またショア硬度は同じながらも、機械的な物性も従来のフレキシブルに加えて向上しました。引張強度や破断点伸びが向上し、従来のフレキシブルよりも丈夫です。特に破断点伸びは大きく改善され、割れにくいしっかりした造形が可能です。

ハンドルやグリップ、オーバーモールド、ガスケットに加え、衝撃吸収用のパーツ、軟骨、腱、靭帯などの解剖用造形モデルなど、ゴムの物性、柔軟性が求められる幅広い用途に使用が可能です。

仕様

  • 対応3Dプリンター:Form3、Form2対応
  • 積層ピッチ:50ミクロン、100ミクロン
  • レジンタンク:レジンタンクV2(Form3)、レジンタンクLT(Form2)
  • 価格:24,800円(税別)/1L

エラスティック50Aレジン

今回、フレキシブル80Aレジンの登場に合わせて、エラスティックレジンの名前がエラスティック50Aレジンに変更になりました。エラスティック50Aレジンは名前が変わっただけで物性などは変更ありません。

Raise 3Dプリンター 製品詳細 | 販売代理店 i-MAKER

Raise 3Dプリンターは日本国内で800台以上の導入実績を誇る3Dプリンターです。特許の失効において数多くの3Dプリンターが開発されましたが、Raise 3Dプリンターはデスクトップタイプでは多くの導入実績を誇ります。

V.former Lab 製品詳細 | 販売代理店 i-MAKER

V.former Labはとても簡単に真空成形ができるコンパクトな卓上真空成形機です。
使い方は驚くほどかんたん。手動ポンプで真空状態を作りだし、成形シートを加熱しトレイにセットするだけ。掃除機などの吸引機も必要ないので大きな騒音が無くとても静かに成形できます。