光造形3DプリンターForm3レビュー【カップ編 デザイン : クリアレジン】

光造形3DプリンターForm3レビュー カップ編のデザインです。
光造形3Dプリンターで、3Dテクスチャのあるカップを3Dプリントするとどうなるのか?
カップ表面のテクスチャのディティールははどこまで綺麗に仕上がるのか?
を検証していきます。

以前カップ編 デザイン : グレイレジンでレビューしましたが、今回は同じカップをスタンダードレジンの材料であるクリアレジンを使用して3Dプリントをしていきます。前回と同様に、表面に3Dテクスチャの凹凸があるデザイン性のあるカップ形状になります。
光造形3Dプリンターで、カップ形状をプリントする場合の方法や、3Dプリントの仕上がりをご紹介していきながら3Dテクスチャのあるカップを3Dプリントする方法を検証していきましょう。

3Dプリントするカップの内容とサイズ

こちらが、今回3Dプリントをしたボウルとベースになります。全部で3種類あります。
円形のボウルがサイズ違いで2種類と、ベース型でデザイン性のあるのカップ形状の3種類です。
表面には3Dテクスチャで凹凸模様もあります。
3Dデータは、Blenderという3Dソフトを使用して作製しています。
この3種類のカップ形状を3Dプリントしていきます。

1.ボウル 大
サイズ : Φ65mm×30mm(高さ)
厚さ : 6mm

2.ボウル 小
サイズ : Φ45mm×21mm(高さ)
厚さ : 4mm

3.ベース
サイズ : Φ39mm×85mm(高さ)
厚さ : 3mm

使用する光造形3Dプリンターと材料

今回使用する光造形3Dプリンターは、Form3です。
Form3は、高精細、滑らかな仕上がりが特徴の反転方式の光造形3Dプリンターです。
ソフトは、Form3の専用ソフトウェア PreFormを使用します。
PreFormでは、プリントするデータ、プリント方向、サポートの付け方を設定することができます。
光造形3Dプリンター用の材料はForm3専用スタンダードレジンのクリアレジンを使用します。

3Dプリントで検証したい内容

【検証】表面ディティールの仕上がり

検証の内容は、3Dテクスチャのあるカップを3Dプリントした場合の表面ディティールの仕上がりです。3Dデータのカップ形状がどこまで表現できているのかを検証していきます。今回はテクスチャが入っていますので、テクスチャの仕上がりも検証していきます。クリアレジンの透明な仕上がりも検証していきたいと思います。

Pre Formのプリント設定

サポート設定と積層ピッチ

サポート設定は、直付プリント(サポート設定なし)
積層ピッチは、50ミクロン
でプリントしていきます。

こちらがPreFormでのプリント画面になります。

PreFormのプリント画面

※カップ症状は検出されませんでした

プリント時間 レイヤー数 ボリューム Total材料コスト 1個あたりのl材料コスト
12h30m 1696層 99.65ml 3個=1,873円 1個=624円

プリント結果

それでは、3種類の形状別にプリント結果を見てていきましょう。

プリントが終了した所
この後洗浄をしていきます

【検証】表面ディティールの仕上がり 結果

1.ボウル大

●3Dデータ通りにプリントできている。
●表面の仕上がりが、とても高精細にプリントできている。
●カップの縁や内側の角の精度も良い。
●表面のテクスチャ部分の凹凸がしっかり造形できている。
●直付面表面がきれい。
●積層跡が薄っすら見える。
●全体的に精度の高い仕上がり。

[寸法結果]

サイズ Φ65mm×30mm(高さ)
厚さ : 6mm

3Dプリント後のサイズ
円の直径 :−0.5mm
高さ : −0.2mm
厚さ : 寸歩通り

少し歪みましたが、寸歩通りにプリントできた。

2.ボウル小

●3Dデータ通りにプリントできている。
●表面の仕上がりが、とても高精細にプリントできている。
●カップの縁や内側の角の精度も良い。
●表面のテクスチャ部分の凹凸がしっかり造形できている。
●直付面表面がきれい。
●積層跡が薄っすら見える。
●全体的に精度の高い仕上がり。

[寸法結果]

サイズ  Φ45mm×21mm(高さ)
厚さ : 4mm

3Dプリント後のサイズ
円の直径 :−0.1mm
高さ : +0.1mm
厚さ : 寸歩通り

少し歪みましたが、寸歩通りにプリントできた。

2.ベース

●3Dデータ通りにプリントできている。
●表面の仕上がりが、とても高精細にプリントできている。
●カップの縁や内側底まで精度も良い。
●表面のテクスチャ部分の凹凸がしっかり造形できている。
●先端の細かいテクスチャもしっかり造形できている。
●直付面表面がきれい。
●積層跡が薄っすら見える。
●全体的に精度の高い仕上がり。

[寸法結果]

サイズ Φ39mm×85mm(高さ)m(高さ)
厚さ : 3mm

3Dプリント後のサイズ
円の直径 :寸法通り
高さ : 寸法通り
厚さ : 寸歩通り

寸歩通りにプリントできた。

カップ編 デザイン 3Dプリントまとめ

今回は、カップ編 デザインをテーマにクリアレジンを使用して光造形3Dプリンターで3Dプリントしてみました。
検証結果をまとめると、

表面の見た目
3種類のデザイン性のある形状の造形でしたが、どれも3Dデータ通りにとてもきれいにプリントできましたカーブした形状のカップでしたが、カーブした部分の曲線も問題なくプリントできています。
直付プリントでしたが、カップ症状も影響無くプリントできました。

テクスチャーのディティール
表面に3Dテクスチャをつけた造形でしたがテクスチャのディティールもしっかり表現できていました。どれも高精細で滑らかな仕上がりでした。小さいサイズのボウルは、より細かい凹凸のテクスチャでしたが細部まで良くプリントできています。くびれた形状ですが、内側表面も底までとても滑らかにプリントできてました。
テクスチャの角の精度も良く出ています。

●材料の違い
今回は、材料をグレイレジンからクリアレジンに変更して同じ造形を3Dプリントしてみました。
透明になったことで、グレイレジンに比べて造形の仕上がりがより鮮明に伝わる結果となりました。造形の繊細な表現が良く見えます。グレイレジンとはまた違った表現が可能になります。光が当たることでテクスチャの陰影をとてもきれいに出すことができます。

同じ造形でも、材料のカラーの違いで造形のディティール表現の幅が広がることが分かりました。用途にあった材料選びで3Dプリントの幅を広げていきましょう。
Form2やForm3のスタンダードレジンには、クリアの他にもホワイト、グレイ、ブラックがあります。表現に合うカラーを選べます。
引き続きクリアレジンを使用した3Dプリントをレビューしていきます。

2021.8.3 投稿者:akkii

企業・団体・学校関係者の皆様へ

電話、FAXでもお気軽にご相談ください。

電話 アイコンTEL042-444-7220
FAX アイコンFAX042-444-1219

オンラインストア