低価格3Dプリンターの3つの問題点を解決する企業アバンテ・テクノロジー

低価格3Dプリンターの3つの問題点

3Dプリンターと一言で言っても、いろいろな機種が存在する。

価格、製法、性能、今では千差万別といっていい。とりわけ大企業が使用する3Dプリンターといえば、本格的なエンジニアリングプラスチックを最終品レベルで使用できるFDM 3Dプリンターかレーザー焼結方法による高性能な3Dプリンターで、低価格なFDMの3Dプリンターは対象にならない。

一方で個人や中小企業、デザイナーにとっての3Dプリンターと言えば、FDMタイプの3Dプリンターがほとんどだ。最近では液状のエポキシ樹脂アクリル樹脂ポリウレタンなどを使った紫外線硬化性樹脂を使って紫外線を照射し固める光造形3Dプリンターの安いモデルが登場してきているが、現在流通しているほとんどの機種はFDMタイプだ

しかし、このFDMタイプの3Dプリンターは正直多くの問題点を抱えているといってもいいだろう。その問題点を上げればキリがないが、代表的なものとして3つの問題点が挙げられる。

第一は、作られる物体の強度が強くないという点だ。糸条の樹脂を溶かして積み上げる方法を取ることから、温度や湿度の影響を受けやすく高性能な3Dプリンターでつくられた物に比べ強度が劣る。

 3d-print-failed-3

第二の問題点はプレートからの物体の剥離だ。3Dプリンターは台座に樹脂を溶かして積層していくが、物体が完成後、その台座から取り除くのが一苦労する場合が多い。溶けた樹脂が固まって台座にくっついてしまうからだ。

 3d-print-failed-2

第三の問題点は、データ通りにプリントされないということが挙げられる。通常3DプリンターはSTLという3Dデータでプリントされるが、低価格3Dプリンターは積層密度が粗いことや、フィラメントが温度や湿度の影響を受けやすいことから、必ずしも設計データ通りに作られるということはない。

3d-print-failed-1

他にも造形スピードが遅いとか解像度が低いといった課題は存在するが、基本的な大きな問題点は上記3つの点が挙げられる。この問題点は、低価格3Dプリンターを使って見ると結構頻繁に起こる課題で、使っているうちにかなりイライラさせられる点でもある。こうした課題はかなり認識されてきているが、大きく改善し、低価格3Dプリンターの技術を大きく向上させようという企業が登場している。

3つの問題点を解決するアバンテ・テクノロジー

上記で述べた3つの問題点を解決するためにプロダクトとシステムの提供を行う企業がアバンテ・テクノロジーだ。この企業は低価格3Dプリンターの技術水準を高めることを目標にしている。

同社によると現在市場に流通しているほとんどの低価格なFDMタイプの3Dプリンターははっきり言って技術的には数十年前のものと変わらないとしている。

彼らの目的はアップルがコンピューターを一般家庭に広めたように、デスクトップの3Dプリンターの性能を向上させ広く一般に普及させることだ。アバンテ・テクノロジーはこうした企業理念に乗っ取り、3つの問題点を100%解決する製品とサービスを提供している。

温度や湿度の影響を受けない高性能フィラメント

第一の課題である、使用環境の影響を受けやすいフィラメントの課題だが、アバンテ・テクノロジーは高性能フィラメントを提供することでその解決策を提供している。

彼らが提供するフィラメントFilaOneは、プリント中の湿度の影響を最小化し、プリントされた物体の機械的強度を向上させるものだ。既存のフィラメントであるPLA、PET、ナイロン、合成ゴムなどと比べても、合成、耐衝撃性、引張強度すべてにおいて優れている。

また、溶融する際の有毒ガスの排出を極力抑え、分解可能で環境に優しい作りになっている。

高性能フィラメントFilaOne 価格:74.95USD

avante-technology-1

 

avante-technology-2

粘着防止シート

第二の問題点に対する解決策として提供されているのが粘着防止シートだ。このシートは上記の高性能フィラメントFilaOneに最適化されたものだが、完成した物体の剥離を容易にしてくれる効果をもっている。化学物質や接着剤は一切使用しておらず、3Dプリンターの台座に簡単にシートが貼れるようになっている。

FilaOne対応粘着防止シート 価格:19.95USD

avante-technology-3

STLファイルの損傷を自動的に見つけ修復するEmendo

第三の問題点である、3Dデータの損傷という問題に対しては、STLファイルの損傷部分を自動的に検出し修復してくれるソフトウェアを提供している。このEmendoと言われるソフトウェアは3Dデータの特殊な事情、すなわち、ソースアプリケーションソフトウェアによって識別されないエラーを適切に見つけ出し、解決してくれるというものだ。

3Dデータは一般的な2Dデータなどと異なり、エラーやプリントがしっかりされない部分がわからない場合が多い。そのため一見ブラウザ上はなんの問題も無いデータでも、実際に3Dプリンターでプリントしてみるとデータ通りにプリントされないということが多々ある。

このEmendoというソフトは使い方がとてもシンプルで、STLファイルをEmendoにドラッグ&ドロップするだけで自動検証され、エラーを修復する場合はその場所を明確化してくれるというすぐれものだ。一部の専門化ではこのEmendoは最も高速で精度が高い修復ソフトとの評価もある。

Emendo:49.95USD

avante-technology-4

 

まとめ

この3つの問題点を解決することはひとえに、綺麗な仕上がりで、ミスしないで完成するということにつながる。むしろこの問題点が解決されない限り、低価格3Dプリンターが消費者向けに普及することはないと言ってもいいだろう。

そうした点から言うと、アバンテ・テクノロジーのようなサポートを行う企業が登場する以前に、3Dプリンターメーカー自体が、エラーがない高い品質の製品を作るべきだ。

何よりもまずエンドユーザーに対して長時間のプリントののちに、ミスプリントになり、時間と材料と電気代を無駄にするというストレスを与えてしまえば二度と買われなくなるだろう。

2014.8.21 投稿者:i-maker

お得なサービス

TEL 042-444-7220


FAX 042-444-1219


info@i-maker.jp

営業時間:10:00〜17:00

定休日:土・日・祝日

オンラインストア