2013年度 3Dプリンターに関する意識調査レポート

3Dプリンターの使用状況

2013年度は3Dプリンターが世界的に躍進している年だ。各調査機関が3Dプリント市場の予測を次々に発表したり、3Dプリントメーカーが上場したりと、ほぼ毎日メディアでの報道が絶えない。こうした状況の中、オープンソースの調査プラットフォームであるPeer Productionが3Dプリンターに関する調査レポートを紹介する。

本調査は344の回答から得たもので、地域分布は下記の通り、

  • ヨーロッパ:44.7%
  • 北米:45.4%
  • オーストラリア&オセアニア:3.1%
  • アジア:5.2%
  • 南米:1.4%
  • アフリカ:0.3%

3Dプリンターアンケート地域別

 

下記は初めて3Dプリンターを使用した年度のグラフである。2006年度以降急速に増えている。

3Dプリンター使用開始日

 

次はどのような目的で使用しているかという調査結果だ。

  • 芸術品:165回
  • 機能モデル:136回
  • 機器のスペアパーツ:131回
  • 直接パーツ製作:108回
  • 研究・教育目的:100回

3Dプリント使用目的

 

次はどんな種類の素材を使用しているかの比率で、ポリマー・ABSが最も多く、次いで金属の順番になっている。

3Dプリント使用素材

 

次はもっとも使用されている3Dプリンターの種類だ。

3Dプリント使用メーカー

次は3Dプリントサービスの利用頻度で、圧倒的に覆いのがShapewaysとなっている。Shapwaysは2012年度には100万個ちかい製品を世界中に出荷納品した実績がある。

3Dプリンターを使用する動機は以下の動機のようだ

上から、

  • プロフェッショナルな品質を求めて
  • 出力製品を販売してお金を稼ぐ
  • どのようにサービスがなされているかのテスト
  • 出力サービスが3Dモデルを配布する
  • 自分の3Dモデルを共有する
  • 自分の3Dモデルのフォードバックを得る
  • 自分の3D製造関連のアプリを公開する

3Dプリントの使用動機

 

最後に将来的に3Dプリントに求めるものは

  • 出力された製品の品質:166
  • 出力スピード:119
  • マルチカラー印刷:116
  • 金属素材印刷:115
  • 出力素材の価格の低下:112
  • 印刷コストの低下:111

3Dプリントに求める要望

出所記事:Surveying, analyzing and documenting peer to peer practices

2013.10.9 投稿者:i-maker

企業・団体・学校関係者の皆様へ

電話、FAXでもお気軽にご相談ください。

電話 アイコンTEL042-444-7220
FAX アイコンFAX042-444-1219

オンラインストア