3Dプリンターの影響を感じている5大産業

By | 2013年10月2日
スポンサーリンク

既に3Dプリンターを使用して製造している産業

マッキンゼー、ゴールドマンサックス、クレディスイスなどの専門企業が3Dプリントが及ぼす市場の影響について言及し、様々な産業に影響を与えることが予測されている。

実際に既に影響を受け、3Dプリンターを取り入れている5産業の記事をご紹介します。本記事はコンサルティング会社CSCのレポートをもとに作成されてます。

自動車産業

自動車産業は最新のアダプタの一つを3Dプリンターで製造される部品に取り入れている。しかし、すぐに車のボディの部分が3Dプリントされた車を見ることができるだろう。

Urbee社という自動車会社のビジネスモデルはまさにボディを3Dプリントするビジネスモデルをとっている。この会社は地球上で最もエコな車を作りたいメーカーだ。クレディスイスのトップ銘柄の一つである3Dプリンター最大手のStratsys社はUrbee社のスポンサーである。

urbee car

防衛産業

EOIR Technologies社は防衛産業の企業で、3Dプリンターを使用してM1エイブラムス戦車とブラッドリー戦闘車両用の銃の標準カメラを大量生産している。CSCコンサルティングによると歯車製造において60%のコストを削減したとされている。

M1戦車

医療産業

クレディスイスのレポートは医療分野においては、補聴器の90%が3Dプリンターで製造されており、そのほかには股関節や膝関節での使用がされている。しかしそれだけではなく、耳や指、腎臓などの単純な軟部組織が既に3Dプリンターで製造されている。

腎臓の3Dプリント

航空産業

ボーイングは3Dプリンターを使用して300の様々な部品を製造している。ボーイングの環境制御排気ファン(基本的には専門的なチューブ)は20個の小さな部品から組み立てられていましたが、今は3Dプリントによって単一の部品として送り出されている。

このことは棚卸やメンテナンスに関わるコストを削減するだけではなく、燃料コストも削減している。また数社の航空宇宙メーカーも特定の部品を現場の3Dプリンターを使用することで輸送コストを削減している。

小売産業

3Dプリントは自宅だけではなく、UPSのようなプリントサービスを行っている場所で誰でも簡単に消費財を印刷することができるようになるかもしれない。CSSコンサルタントは自宅用の3D印刷がどのように店舗での衰退を加速させるかという実例となる話を例としてあげている。

最近、私たちの研究者の一人が14時間のフライトに乗った。電子ブックリーダーを14時間手に持たなければならなかったが、かれは電子ブックリーダーのスタンドを買う時間が無かった。かれはインターネットで3DプリントサービスのサイトThingiverse.comを見つけ、折り畳み式のスタンドをダウンロードし、45分間でそれを印刷し、14時間のフライトに使用することができた。

3Dプリンターで印刷されたブックスタンド

原文記事:business insider

まとめ

日本でも続々と3Dプリントに関連するサービスが登場しはじめています。出力サービス大手のキンコーズなども従来の二次元プリントだけではなく、3Dプリントサービスを開始しました。

3Dプリンターの技術が向上し、出力時間の短縮や製品のクオリティがもっと向上すれば、だれでも手軽にデータから製品化する時代がくるのかもしれません。

スポンサーリンク